夏休みお勧めスポット

f:id:yuiarch:20080815095859j:image

東京都庭園美術館で開催中の「舟越桂 夏の邸宅」に行ってきました。館内は撮影禁止なので、図録とポストカードでの紹介しかできないのが残念ですが、なんとも透明感のある、涼しげな彫刻とドローイングが、朝香宮邸であった庭園美術館に、作家本人によって慎重に展示されている様子は、まさに夏のプライベートギャラリーに招かれたような雰囲気を醸し出しています。様々な部屋に置かれた作品は不思議な生命感があり、まるでその部屋の主のようで、元々それほど混む美術館でもないこともあいまって、1対1で対面していると何やら妖しげな対話を交わしているような錯覚に陥ってしまいました。単に部屋の中から見るだけではなく、ソファに座りながら、奥のほうにちらりと見える様子や、鏡に映った様子など様々な見方が楽しめ、決して大きな展示ではありませんが結構長い時間楽しむことが出来ました。館から出ると、暑く、蝉が鳴いていて、現実感を感じつつも静かな庭が広がっている為興ざめすることはありません。鑑賞後は、庭園の見える館内の喫茶店か、門を出て隣にあるレストランで一休みされても良いと思います。

展示の風景は、一部産経ニュースにあります。展示会の情報は庭園美術館のサイトよりご覧下さい。庭園美術館は毎回(多分)ドレスコード割引なるものがあり、今回は木で出来たものを身に着けて行くと団体割引で鑑賞できます。庭園美術館まではJR目黒駅から徒歩10分弱です。暑い夏を涼しく過ごすのにはあつらえ向きな場所だと思いますので興味があれば是非。(柳本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です