住宅ローンでの繋ぎ融資

住宅を建てようする方の殆どは住宅ローンを使われます。

建物だけに利用される場合についてはここでは話題にしません。ここで話題にしたいのは土地購入と建物に利用される方の場合についてです。殆どのローンは土地と建物を切り離しては組んでくれません。セットで借りることを強いられます。そこまではいいんです。問題はその実行時期です。土地の分は土地の売買時で納得いきます。建物分が問題です。大半の銀行は建物が建って担保が設定できる時に実行するとなっています。

これでは工事中の支払いが出来ません。工事費は通常契約時、屋根完成時(又は上棟時)その後1回ぐらい分割払いがあって、竣工引渡し時、(私どもの事務所では引渡し1ヵ月後も)に分割して支払いが生じます。その支払いができません。殆どのローンは建売住宅を想定して組んでいます。土地を買ってそれから注文住宅を建てるということは想定していないようです。かつては工事費の支払いのため銀行はつなぎ融資といって、その分の支払いを建て替えてくれました。最近は融資実行時まで自分で何とかしろというスタンスです。それで皆さん苦労されています。もちろん設計料の支払いなどローン会社は眼中になく無視しているようです。

色々な建て主さんとお付き合いさせていただいていると、いろいろな情報も入り融資実行時で困っている方にあそこの銀行が繋ぎ融資してくれるとかここのローン会社の金利が安いとかの情報も入ります。本当はここでその情報を話そうとおもったんですが、やはりこのような場では固有名詞は出すのはいけないということになり控えます。でも少なくとも自分が知る限り2箇所の金融機関では金利もまあまあで繋ぎ融資をしてくれるところがあるということだけはお話できます。また、土地を買う時、まだ工事者が決まらない段階に融資機関に提出する間取りや工事見積書の作成もサービスでしています。どうか設計者と時間をかけて自分に合った家をつくりたいと思っている方、諦めないで探して見てください。必ずあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です