ガラスの吊り込み

群馬県館林市の現場で今日ガラスの吊り込みがありました。

吊り込むのは住宅の南側面にある吹き抜けのガラスで、この住宅の計画上の大切なポイントになる部分なのですが、ガラスが複層(ペア)ガラスで重量が結構あるので、機械による作業となりました。

e5908de7a7b0e69caae8a8ade5ae9a-1e381aee382b3e38394e383bc

ガラスはクレーンによって持ち上げるのですが、その際にガラスを掴むのはゴムの吸盤で、ガラスの重量の割りに意外に単純な機構です。

?100_5741

持ち上げたガラスを所定の位置へ入れ込むためには、最後数ミリの調整が必要となるのですが、その作業はリモコンで操作しているクレーンと職方さんで行います。その作業は職人技という感じです。?

計画上大切なポイントとなる部分は、往々にして工事施工上でも大きなポイントとなることが多いのですが、実は今回も、鉄骨の階段を自身で制作してしまうような非常に心強い建て主さんの協力を得ながら、いくつかの問題を乗り越えての施工となりました。

?100_57442

完成まであともう少し。よいものとなるよう完成までがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です