フラットスラブ

1階がRC、2階が木造の現場の1階部分の写真です。

今回は1階のRC部分の階高を低く抑えたいが、天井高さは出来るだけ確保したいということもあり、フラットスラブ構造を採用しました。フラットスラブは通常スラブ厚さ18cm位のところを30cmにしてスラブと梁を一体にしたような構造です。そのためスラブ下に梁が出てきません。

建物のスラブ面の大きさや平面計画によっても違ってくるとは思いますが、今回はコンクリート量や鉄筋量を厳密に計算するとフラットスラブは数量が多くなる代わりに、型枠や配筋の工事がかなり楽だったと思います。

見た目もコンクリートの壁とスラブだけのすっきりした構成になっていてなかなかいい感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です