トイレットペーパーの大きさ

トイレ収納のためにトイレットペーパー寸法について改めて確認。

トイレットペーパーについてJIS規格があるので、国内メーカーのものであれば、この規格の寸法になっている(はず)。「JIS P 4501」は、巻取りのトイレットペーパーのJISで,品質,形状,寸法,包装,表示などを決めています。

それによるとトイレットペーパーの寸法は、
紙幅:114mm ±2
1巻(ロール)の長さ:27.5,32.5,55,65,75,100m
しんの径(内径):38mm ±1
巻とり径:120 mm以下
と規定しています。

ただ、輸入したものや安いトイレットペーパー等は紙幅が違うものがあります。
(JIS規格は日本国内規格なので、輸入ものは規格が違っていて当然ですね)
それらは、JISの紙幅114mmより小さいものが多いようなので、トイレ収納の奥行き、棚一段の高さは、120mmあれば大丈夫ですね。
もちろんこの寸法は、トイレットペーパーに関してだけなので、洗剤などの収納寸法に付いても考えて収納を設計しないといけません。

ちなみに、欧州規格では、紙幅97mmのようです。
また、安いトイレットペーパーのなかには、コストダウンのために紙幅を9mm小さくした紙幅105mmのものがあるようです。また、使う紙の量が紙幅9mm分少なくなるということで紙幅105mmでエコを謳っているトイレットペーパーもあるようです。

※1巻(ロール)の長さの単位が間違えていました。
mm(ミリメートル)になっていましたので、m(メートル)に訂正しました。
誤記についてご指摘いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です