パウル(タコ)

ワールドカップの残すところ後2試合となりました。
オランダが決勝まで残り、横浜ベイスターズがセリーグ制覇したとき以来のドキドキ感を味わっています。
しかしながら決勝直前で暗雲が。
その原因はパウル(タコ)
彼は2008年のユーロからドイツ代表の試合の予測をさせられてきたのですが、予測正解率が83%超えで、しかも本大会において100%の好成績を収めています。
で、ドイツの試合だけやっててくれれば良かったのですが、なんとワールドカップ決勝の予測までやらされてしまいました。
予測結果は残念ながらスペインの勝利。
もちろん過去の正解率が83%ですから、予想を外すというのは十分考えられます。
ただ、ドイツが戦う3位決定戦の予測も行っており、ドイツの試合の方が彼にとって本流なので外すとしたらこちらではないかと思ってしまうのです。

対抗してインコのマニというのがいるようで、こちらはオランダ勝利を予測しているようですが、後から出てきたしタコに比べると神秘性が薄いのでなんとも心もとないです。
日曜の夕食でタコを食って万全の体制で決勝挑みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です