上棟式

北上尾の住宅で上棟式を迎えました。
はじめて訪れたときは、この場所には、立派な蔵が建ちその裏は完全な竹林で、あまり利用されていませんでした。
蔵と竹林を取り払い、既存の母屋に圧迫感を与えないように配置や屋根の形状を、新しい世帯の家を計画しました。
都心の住宅地では、隣地の建物の形状をお互いに考慮した計画はなかなか難しく、法律の制限でそれぞれが配慮せざるを得ないのが実情です。
まだ骨組みが立ち上がっただけではありますが、こちらのように大きな敷地ですと、建物の配置や形状、導線のつくり方、建物間の植栽計画などを工夫することで、単体の建物だけでは生み出せない、敷地全体としての豊かさが生まれるだろうなと感じられ、とても楽しみです。

100_7897

100_7886

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です