山田町の現場から

応急仮設住宅の建設工事がスタートしました。
結設計からも担当者が現場に常駐しており、まず岩手県山田町に26住戸、5棟の配置で計画が進んでいます。
敷地の整地を終え、床下配管が済み、昨日から早速1棟目の土台を敷き始めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です