風景との融合

外壁の下地も出来上がってきたことで、建物と風景とがイメージしやすくなってきました。
平屋で高さが低く抑えられていることと、屋根と稜線がほぼ同じ勾配であることで、建築自体が風景を壊さず景色に馴染んでいるのを見ていただけるのではないでしょうか。
左官の壁が仕上がれば落ち着いた感じになり、更に良い雰囲気になると思います。

以前ブログに紹介しましたが、二棟の軒裏の違いも明快になりました。

垂木を見せた和風の軒裏も屋内の天井から続く小幅板天井も、両方ともきれいに仕上がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です