草加A邸引渡し

草加A邸は先月の中旬に引渡し、今月のはじめには外構工事もほぼ終えました。
路地状敷地で長いアプローチの奥に家が見えます。
広い庭にはこれから木が植樹され、畑も作っていきたいということでどのような庭になるか楽しみです。

出来上がった家を見て、カラマツの集成材の建て込みからを考えますと改めてその集成材が外壁も内壁もそのまま仕上げになってしまうことはすごいなと思いました。
内壁の間仕切壁は水廻り以外は和紙貼り仕上げです。

玄関のSICは廊下にも扉を設け、廊下側からも使えるようにしました。
食品庫の入り口脇にある壁厚分を利用した棚も、ちょっとした収納として重宝しそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です