現場進捗状況

寒い時期が終わり、安曇野の現場も心地よい気候です。

工事の状況も、外壁の左官の仕上げに取り掛かるところまでやってきました。
2棟の外壁下地には若干の違いがあるものの、同じ仕上げとなるため工事も2棟同時に進めます。

↑木ズリ板を張った状態です。
外壁通気工法を採用しているため、木ズリ板と断熱材との間には通気層がつくられています。

↑木ズリの上に防水層とラス網、左官の下地を塗った状態です。この状態でしばらく乾燥させた後、いよいよ仕上げとなります。
現場で、左官屋さんに製作してもらったサンプルで色味や質感などの仕上がりも確認してきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です