天井の仕上げ

安曇野の家の内装工事も進んできました。
以前のブログでも紹介しましたが、安曇野の家は、和風と和風ではない二棟からなっていて、それぞれに違いがあります。
そのため仕上げも様々です。

天井の仕上げもその一つで、軒裏から続く小幅板天井の他、葦ベニヤ(左上)・網代ベニヤ(右上)・桧縁甲板(左下)・杉練り付けベニヤ竿縁(猿棒面)天井イナゴ張り(右下)、その他和紙貼り(現在未施工)など、部屋の機能や雰囲気により使い分けています。

内装仕上げが見えてくると、いよいよ竣工が近づいてきた感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です