基礎梁配筋検査

Fマンションの杭工事の様子です。
ボーリング調査結果から、地面から支持層の深さがわかり杭の長さを決めます。
杭の先端には羽根のような刃がついていてゆっくり回転しながら杭を支持層まで到達させていきます。
もうそろそろ支持層になるだろうという深さまで貫入した時にガガガとすごい音と地面に振動が走り、支持層である礫層に到達し食い込んでいく様子がわかりました。
下の写真は杭工事が終わり、基礎梁のための捨てコンを打ち墨出しが終わった状況です。

先日、基礎梁の配筋検査をしました。
鉄筋の径寸法、本数、ピッチ、定着の長さ、かぶり厚さ、組み方などなどを確認しました。
場所によって力のかかる度合いが違い主筋の本数が多くなっている基礎梁があるので、特に意識して図面通りに配筋されていることを確認しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です