土肥の家 改修工事現場から

土肥の家改修工事現場です。
外壁は基本的には既存の外壁の上に全面弾性吹付タイル仕上げで、補修が必要そうな部分は既存外壁を剥がして防水シートを張り直し、木ずり、ラスカット張り、モルタル下地と新設していきました。

下の写真の部屋は洋室から和室へと変え、奥行き910mm分を増築する部屋です。
左の写真は既に増築をして床組をしてあり新設でサッシが取り付いてある状態です。
もともと外壁であったラインにかなり梁せいのある梁が通っていました。このままではフラットの天井から梁が飛び出てしまうので、現場で急遽段違いの天井でそこの部分は仕上げをヨシベニヤにし、間接照明を仕込もうということになりました。
ヨシベニヤを貼った状態が右の写真です。
クロス貼りの天井に表情がついて、なかなか雰囲気のある和室になりそうです。
壁はこれからクロスを貼り変え、建具は塗装で壁の色に合わせていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です