現場開始

三鷹市で新たな工事がスタートし、先日地鎮祭を行いました。

地鎮祭は、その土地の神を鎮め安全に工事が進められるように祈願するための儀式です。
また、お祝いごとなので一般的に吉日の午前中に行うのが良いとされています。
手順は、手水(てみず)→修祓(しゅばつ)→降神(こうしん)→献饌(けんせん)→祝詞奏上(のりとそうじょう)→切麻散米(きりぬささんまい)→鍬入(くわいれ)→玉串奉奠(たまぐしほうてん)→徹饌(てっせん)→昇神(しょうしん)の儀の順に進められます。〔手順は地域により多少異なるそうです〕
天気も晴天に恵まれ、とても気持ちの良い現場開始となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です