Fマンション引き渡し

年が明けて早3カ月、もう春だなぁとしみじみ思いながら過ごしている今日この頃です。
Fマンション現場は2月末の工期に向けて着々と進んでいました。仕上がり間近で現場に足を運ぶことも頻繁になり、行く度に「もうここが出来ている」と感動しながら通っていました。現場監督さんはじめ職人さん達のおかげで無事竣工し、今月の頭に引渡しを終えました。

外断熱なので内側の部屋はコンクリート打ち放しに仕上げることが出来、バルコニーなど外断熱が途絶えてしまう部分は内側に断熱補強をしています。
キッチンはシステムキッチンではなく全部屋で全て製作なので、間取りの違う各部屋の寸法にぴったり合わせられ、ガス台のところは低くしたりといろいろ工夫することも出来ました。借りて住んでもらう多くの人に使いやすいと感じてもらえたらいいなと思います。
最上階の3階のお風呂は北側斜線により斜めになる部分にあります。
限られたボリュームの中で浴室が上手く納まり、それほど圧迫感も感じず快適そうな浴室となりました。

引渡しの時点で既に6部屋のうち4部屋の入居が決まっていました。
あと2部屋空いていたのでブログで紹介し宣伝しなきゃと思っていたところに、残りの2部屋も入居が決まりましたとのお話がありました。
ブログ紹介の出番も無く、全部屋の入居が早々に決まり設計事務所としてもホッとしています。

専用住宅で住む人が決まっているということではないので、住む人によってどのような使われ方をするかの想定範囲や、1番のベストの選択に難しい部分もありました。
より多くの人に満足して住んでもらえたらいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です