設計業務案内

建築条件(敷地環境、家族、希望、将来性、予算、工期等)の中で、ゼロから総合的に考えて、その建築条件固有の最適な建築の有り様を求め、提案し、依頼者の意向をまとめていく設計業務と、その設計図書に沿って工事がなされているかを見る監理業務です。

建物種類・用途

    • 専用住宅(別荘等含む)
    • 特殊要件住宅:多世帯住宅、地下室付住宅、三階建て住宅、崖地等の特殊な敷地の住宅、増改築、特殊仕様住宅(特殊設備,防音,防磁気,高額建材,等)、他
    • 営業施設併用住宅:集合住宅、店舗併用、事務所併用、医院併用、賃貸住宅、内装、他
    • 住宅以外:福祉施設、宿泊施設、宗教施設、他

手がける工法

  • 在来木造工法住宅(簡易な混構造も含む)
  • FSU(木造軸組角材パネル)工法
  • 鉄筋コンクリート造
  • 鉄骨造
  • 混構造
  • 集成材造 等

契約前の間取り提案について
通常の設計業務では設計契約前に間取り等を提案することは原則いたしません。「固有性を求めて」で述べているように、私たちは個人や社会を豊かにすることに繋がる設計をすることが責務と考えており、その実現のためには十分な事前調査やヒアリングが必要となります。必然的に最初の提案に掛けるエネルギーは私たちにとってだけではなく建築主にとっても大事なものになります。このような作業に取り掛かる際にはある種の覚悟が必要となり、中途半端な情報のやり取りで取り掛かると検討をおろそかにした安易な提案になってしまう恐れがあります。従って、お互いにこれから本腰を入れて家づくりに取り組みましょうという意味を含め、提案前に設計契約を結んでいただいております。