杉戸の家

sugito-t_01

角地に建つ、長さのある長方形の敷地を活かした平屋部の割合が高い住宅です。交差点から見ると2階部は奥まった位置に配置され、漆喰の長い壁が低い軒に抑えられてゆったりと伸び、細い道路に圧迫感を与えることなく静かに佇んでいる形状を提案しました。内部は居間、食堂、内縁が中庭を取り囲み、奥行きとまとまりのある空間となるよう意図しました。また、キッチン・食堂・居間が少しずつずれながら連続していくことで、繋がりを持たせつつも個々の室としての落ち着きも得られるように配置しました。

所在地:埼玉県杉戸町
家族構成:夫婦、子供、親夫婦
構造:木造 2階建て
敷地面積:410.0平米(124.0坪)
延床面積:134.0平米(40.5坪)
施工:笠井木材株式会社
担当:藤原・大庭・柳本

sugito-t_02
sugito-t_03
sugito-t_04
sugito-t_05
sugito-t_06
sugito-t_07
sugito-t_08
CA3C0109