カテゴリー: 茅野の家

茅野の家 1ヵ月点検

P1080645

茅野の家は、昨年末に1ヵ月点検を行いました。
12月だったのでその時は雪は積もっていませんでしたが、今頃は広い敷地が雪一面になっているかもしれません。
予算の関係で計画していた基礎蓄熱式の床暖房は中止にしたのですが、工事契約した直後に復活し、まだこれから基礎工事という段階でしたので基礎蓄熱式の床暖房工事も間に合う事が出来ました。1ヵ月点検の時には床暖房のスイッチを入れていましたので、外がとても寒かったこともあり、建物の中に入ると暖かさを身に染みて実感しました。
床暖房、あの時に復活して良かったと思いました。

茅野の家には薪ストーブを設置しています。
以前のブログにも書きましたが、薪ストーブの後ろの壁は蓄熱効果を高めるためにコンクリートブロック造にしていて、仕上げは石貼りです。
薪ストーブは1階に置いてあるので、暖められた空気は上昇して2階へ上っていきます。その2階天井に溜まった暖かい空気は、一番高い天井付近と1階廊下にガラリを設けてダクトでつなぎ、ファンを回すと1階廊下に送風され、暖められた空気が家全体を巡回する仕組みになっています。
このストーブはMETOSで販売されているベルギー製のドブレ薪ストーブ、ドブレ640CBJという薪ストーブです。
薪ストーブを設置する際に気を付けることは、外断熱で気密が高いためなるべく外気から直接給気出来るようにすることで、このドブレ640CBJ薪ストーブは外気を直接取り入れることが出来るタイプになっています。
また、煙突が付いている位置が奥の方なのでトッププレートが広く鍋などが置けます。
建て主さんも、薪ストーブを使うのをとても楽しみにされていました。

薪ストーブ蓄熱1

作業コーナー

リビングダイニングキッチンの一角に、作業スペースを設けました。
階段下も収納にして、小さなスペースも活用しています。


茅野の家 引き渡し

P1250873

先週茅野の家は、特に問題も無く完了検査を終え、引き渡しになりました。
遠くの山の頂上は白くなっていて、雪が既に降っているようでした。
外壁の腰上は左官仕上げなので、寒くならないうちに左官工事が出来、無事に竣工出来て良かったです。
気温が低いと乾燥が遅いため”白華現象”が起こりやすく、色むらが発生する可能性があります。
左官工事にとって冬の季節は注意しなくてはいけないやっかいな季節です。

左官

洗面脱衣室ポーチ


薪ストーブの蓄熱

P1250493

茅野の現場は、仕上げを着々と進めている段階です。
写真は先月現場に行った様子で、リビングにある薪ストーブを置く場所です。
後ろの壁にあるコンクリートブロックは、ストーブの蓄熱をより大きくする効果を狙っていて、ストーブを止めても、暖まったコンクリートブロックがゆっくり放熱し、夜遅くまで部屋を温めます。

屋根は横段葺きと、横葺きの2種類になっています。
屋根に段差がついている部分は、断熱材の厚み分です。
つまり、断熱材は深い庇の部分には無く、内部の部屋がある部分だけにあるのです。
このようにして、軒先とケラバをより薄くしシャープな印象にしています。

IMG_3977

夏の現場は長野県でも暑かったですが、そろそろ肌寒くなる季節になってきました。
次に現場に行く時は仕上げが大体出来ている頃なので、楽しみです。


茅野の家 配筋検査

先月末に、長野県茅野市に計画中の別荘の配筋検査に行きました。
敷地は蓼科高原の別荘地内で、それほど山岳地帯でなく高低差もゆるやかで、アクセスもしやすくとても良い環境です。
敷地面積は1200平米以上あり、いつも苦労している建蔽率や北側斜線、高度斜線などの心配はほぼありませんでした。かといって設計計画が楽かと言うとそうでもなく、恵まれた敷地にいろいろな可能性があるだけに、試行錯誤する幅がたくさんあるという難しさもありました。

見晴らしを優先にして、広大な敷地と遠くの景色を見渡せるように2階にリビング・ダイニング・キッチンを配置し、1階よりも2階面積を広くしてプランを正方形にまとめ、広い敷地に対してシンボリックな形状にする案もありました。この案は、寒冷地域では深基礎となるため、コストが高くなる基礎工事を少なく出来る利点がありました。
最終的には、広い敷地との繋がりを優先にして、リビング・ダイニング・キッチンを1階に配置し上部は吹き抜けとする計画になりました。外部にはリビング・ダイニングから続く広いウッドデッキを設けることも出来、1階にしたリビングに設ける薪ストーブの温暖効果も十分に発揮できます。
全体的に南側に間口を広くした長方形に大屋根を架けるという形状になりました。

新宿からあずさで2時間ほどの距離ですが、とても良い場所で、現場に行くのが毎回楽しみです。