カテゴリー: 那須の家

那須の家 プチ見学会は今週末

03

「那須の家」(栃木県)のプチ見学会は、今週末1/24(土)です。
既に入居されている住宅を見学させていただく貴重な機会です。お誘い合わせの上お越しいただければと思います。
詳しくはこちら

_MGL1865a



那須の家 プチ見学会のお知らせ

年明け1月24日(土)に、住宅を計画中の方を「那須の家」にお連れするのですが、もう数組の方をご案内することが可能そうですので、お知らせします。
約半年住んでみた建主様のご意見が聞ける機会です。
_MGL1776b今回のプチ見学会は、予約制とさせていただきます。ご興味のある方は、下記の申し込み方法にてお申込みください。

FSB工法の平屋建ての住宅です。
この那須の家の母屋には基礎蓄熱式暖冷房を入れています。
居間や食堂・キッチン、寝室はもちろん浴室やトイレも含めた家全体が、ほぼ同じ室温になるので、ヒートショックになりにくい家になっています。また、杉の角材壁が大きい蓄熱材として働くので、通常の軸組工法の家よりも、室温の変化が緩やかになります。
この基礎蓄熱暖冷房の熱源のヒートポンプは、夜間電力で稼働するので、電気代も抑えられます。

_MGL1865a
過去のブログでも紹介してきていますのでそちらもご覧ください。
住まわれてからの見学会ですので、その点のご配慮をお願い致します。

■開催地:栃木県那須町
■日時 :2015年1月24日(土) 13:00~
■最寄駅:JR那須塩原駅より車で約20分

■申し込み方法
見学ご希望の方は結設計宛にメールまたはFAXにて下記までお申し込み下さい。
お申し込みの際には、「那須の家内覧会参加希望」と明記して頂き、
住所、氏名、連絡先、参加人数をご記入下さい。
参加申し込みのご連絡を頂いた方に、詳しい住所などをお知らせいたします。

■申し込み先
事例案内申し込みフォーム
e-mail: office@yui-sekkei.co.jp
FAX:   03-5651-1934

_MGL2155b


那須の家 1ヶ月点検

那須の家の1ヶ月点検に行ってきました。
IMG_3404と言いつつ、こんなところを、
IMG_3401てくてくと建主さんと藤原と一緒に歩いてきました!
IMG_3406滝がきれいですね。
って仕事していないみたいですが、
IMG_6736
那須の家に戻ってきて、本来は点検ということなのですが、引き渡し時に1ヶ月点検の時にはぜひ泊まってくださいとのありがたいお誘いを建主さんからいただいていたので、この日はそのまま泊まらせていただきました!
IMG_6696奥様のおいしい手料理を頂きながら、工務店の社長さんと監督さんも一緒にいろいろお話しをして楽しい時を過ごさせていただきました。
IMG_6761そうそう、那須の家にはご主人がずっと要望されていた露天風呂があるので、もちろん点検するために入らせていただきました。
家に露天風呂があるというのは素敵ですね。
明るい時間に入ったのですが、ずっと入っていたいほど気持ちよかったですよ。
幹線道路等からは離れている敷地なので、静かで鳥の鳴き声と風の音くらいしか聞こえないのですごく贅沢な時間でした。


那須の家 見学会無事終了

那須の家の内覧会が無事終了しました。たくさんの方に来ていただきました。ありがとうございました。IMG_3149-2
居間の壁を見たところ。右側に見える窓の外は北側の庭になっていて、植木を植える予定です。
IMG_3162
居間から離れを見たところ。間に合うか心配だったデッキは、完成していてほっとしました。


那須の家 見学会は今週末

那須の家は、今週末の19日と20日に内覧会ということで、先日現場の様子を確認してきました。
建物内部は、ほぼ完了しています。残っているのは家具の建具の取付等。
那須の家の内覧会にご興味のある方は、事例案内申し込みフォームよりお申し込みください。お問い合わせただいた方に詳細をご連絡致します。
IMG_3083
床の養生が取れました。フローリングは着色塗装です。
杉角材の壁の向こうに見える引き戸をグレーにしてみました。杉の角材壁との色の対比がいい感じです。

この那須の家の母屋には基礎蓄熱式暖冷房を入れています。
居間や食堂・キッチン、寝室はもちろん浴室やトイレも含めた家全体が、ほぼ同じ室温になるので、ヒートショックになりにくい家になっています。また、杉の角材壁が大きい蓄熱材として働くので、通常の軸組工法の家よりも、室温の変化が緩やかになります。
この基礎蓄熱暖冷房の熱源のヒートポンプは、夜間電力で稼働するので、電気代も抑えられます。
IMG_3086
居間の南面は全面窓なので、明るいです。南面の窓には、巾2.6m。高さ2.2mの大きなペアガラスの窓もあります。
奥に見えるキッチン回りは焦げ茶に塗装。
IMG_3105
和室の壁の和紙貼りも完了していました。杉の角材壁に直接和紙を貼ってみました。壁の凹凸が和紙を貼ることでよくわかりますね。この凹凸が面白い表情になっています。
IMG_3095
外観。外部では、デッキ工事の準備中。この日は天気がよかったので、那須の山がきれいに見えました。


那須の家 足場解体と内覧会のお知らせ

那須の家は、足場が外れました。
IMG_2927
屋根の向こうに雪をかぶった那須の山が見えます。
屋根は、単純な形の組み合わせなのですが、複雑に見えますね。大工さん板金屋さんに頑張っていただいてすっきりとした納まりになりました。
IMG_2953
居間の北側は、庭になっていて屋根に囲まれた小さい中庭のようになっています。
IMG_2950
内部は、床のフローチング張りと天井のクロス貼りが終わっています。
角材連結パネル(FSB壁パネル)が蓄熱しているためか、外に比べて室内は暖かいですね。

この那須の家は、4月19日(土)・20日(日)の2日間に建て様のご厚意により内覧会を開催できることになりました。
いつもの結設計の住宅とは少し違う、FSB工法の住宅をご覧いただければ幸いです。
住宅を見学された後は、大人気のショウゾウカフェに寄ってみたり、那須の温泉に入って行かれるのも良いと思いますよ。
(個人的には「ショウゾウカフェ」は黒磯と那須のお店両方に行ってみることをおすすめします。雰囲気がちょっと違いますよ。)

ご興味のある方は、事例案内申し込みフォームよりお申し込みください。お問い合わせただいた方に詳細をご連絡致します。


那須の家 木工事

那須の家の昨日の現場。木工事を進めています。
IMG_2831
那須の家は、離れの天井のサツマヨシべニア張りが終了。畳寄せも終了しました。
まだ紙を貼っていない障子と襖が入っていました。
IMG_2822
母屋も天井の下地のボード張りが終了。
写真は、居間から北の庭をみるコーナー窓。背の高い窓です。
上部に夏の暖気抜きのための窓も設置しました。
IMG_2843
下見板の外壁の塗装や板金の外壁の工事も終了。
先日の大雪がまだ残っていました。まだひざくらいまであるので、雪の部分は歩けないですね。
いつもの年だと、那須でもこんなには雪は積もらないそうです。


那須の家 最近の現場

IMG_2691
那須の家の現場は着々と進んで、屋根工事と外壁の下見板張り工事が終わっています。
屋根越しに雪化粧した那須の山々が見えますね。
IMG_2689屋根の上に見える緑色の部分は、外壁の下地の防水紙で、この後板金の外壁を張ります。
IMG_2698北側の庭に面した外壁では、板金屋さんが外壁の工事をしていました。納まり図を描いたものの、うまく納まるか心配していた下見板と板金取り合い部分は、考えていたようにシャープにいきそうです。板金屋さん、大工さんありがとうございます。
左側の下見板の外壁塗装は、下見板を張る前に一度塗ってあります。下見板を張り終えた状態でもう一回塗りますので、出来上がりはもっと濃いグレーになります。
IMG_2704
内部は、床のフローリング張りが進行中です。
写真で見えている杉角材の壁パネルは、クロス等の仕上材は貼らずにこのままアラワシにします。木の調湿性能や蓄熱性能の他に、癒し効果も期待してアラワシにします。
右側に見える窓の外は北側の庭になる予定。


那須の家 建て方

IMG_2373

那須の家は無事建て方・屋根葺きが完了しました。今回は、少し前の建て方の様子を紹介します。
那須の家は、FSB工法で建てています。
木材が持っている「断熱・蓄熱・調湿」性能を十分に引きだそうという工法です。

IMG_2356

杉の角材をボルトで緊結して作った壁パネルを柱と柱の間に建込んでいきます。
こうやって見ると、たくさんの木材を使っているのが分かりますね。

IMG_2351

窓になる部分は、壁パネルに窓の大きさの穴を先に作ってあります。この穴のところにサッシを取り付けます。

IMG_2359

壁パネルが大体建ったところです。この後梁を架けていきます。この右側に和室の離れ、左側に車庫があるので、完成すると全体的にもう少し大きい印象になります。

IMG_2379

壁パネルと柱の上に梁を載せます。固定は、ドリフトピンという鉄製のピンで止めます。ピンで止まっているので、ピンを抜けば解体も容易にできます。もちろん構造的にはしっかりと固定されていて安全です。

IMG_2397

後日梁が架かった状態を確認したときの写真です。壁パネルだけの時より大分家らしくなりました。
この後は、屋根工事・サッシ工事と進んでいきます。