DEWS工法

小さな試みに大きな可能性を込めて

今日の技術の発展は、社会に飽くなきまでの繁栄と変化をもたらしています。その繁栄を求め、享受しつつ、その広がりと速さ、歪み、格差に戸惑いつつ、その行き着く先へ、言い知れない不安を感じている方も少なくないと思われます。その不安の源は、社会が進む方向の制御に対して自らが関与し得る『量』の絶望的なまでの少なさにあるように思われます。私たちも自分だけで社会に対し何か大きな変化をもたらせられるとは思っていません。ただ、社会の大きな仕組みの中で、自分の置かれた立場を的確に捉え、そこで起こす行動が社会をどの方向に動かすことになるのかを理解した上で、社会的制御に対して自らの成し得ることの確認から始め、少しでもその不安を和らげたいと考えています。そして私たちと同じ不安を抱えている方々に、自らが関与する建築がどのような可能性を秘めているかを理解して頂き、もしかしたら、自分の小さな行為でも多くの人と考え方を共にすることで、社会の行き着く先に少しは影響を及ぼし得るかもしれない、と思える手掛かりを提示できたらと考えています。そのような思考から、大きな可能性を込めて始めた、我々のほんの小さな一つの試みであるDEWS工法(特許申請中)を紹介いたします。

DEWS(Detachable Wooden Structure)工法は何が可能か

生活や住宅の使用形態の変化が激しい時代に即して、使い手に合わせて建物を変化させていくことが容易な工法です。各部材の寸法と接合方法のルールをあらかじめ統一してあることにより、内部間仕切りだけでなく、間取りそのものや外壁ラインまで、あるルールに従って自由に変更出来ます。解体しても廃材を殆ど排出することなく、元の建物の大半の部材を再使用部材として活用し、まったく別の間取りに建て替えることもできます。別敷地への建物ごとの引越しも可能です。建物そのものが不要となった場合も、各部材を必要とする他の方に販売することも可能です。

全体構成

基本的な建築構成部材(壁、床、屋根)を、それぞれに必要な性能を満たしたパネルとし、壁は建て並べ、床は敷き並べ、屋根は掛け並べて、部材同士を個別に接合離脱可能な構造体とした集成材壁式工法です。基礎、外壁、床版、屋根版、内部の壁といった基本の構成部材は独立して取外すことができます。必要な性能は部位により違いますが、パネルは構造強度、仕上がり感、断熱、気密、水密、蓄熱、調湿、遮音、吸音、加工性等を有しています。各部材は最初の建築時から、解体後も再使用されることを前提に、あるルールに従った規格寸法で生産されます。部材はボルトやプレートで接合され。建築の組み立てだけでなく、解体、再組み立て、及び各部材の部分交換も容易です。再使用を前提とした基本部材約8割と再使用を考えない2割の消耗部材、及び仕上げ材とで構成されます。外部は部材の接合部に水密と気密を確保する押し縁材をはさみ込み、それを仕上げ材等の取り付け下地あるいは電気配線等の通線経路として活用します。基本部材は2度3度再使用可能で、少なくとも100年以上は使用されることを考えています。

部材

各構成部材の素材は予算に応じて様々なものが考えられ、可能性も広がります。現時点では2階建てまでの戸建の住宅や店舗を想定していて、基礎は鉄骨かプレキャストコンクリート、壁と床版は厚板集成材(厚み10.5~12cm、幅33~45cm、長さ2~6m)、屋根は集成材と断熱材を合板でサンドイッチしたパネルの2種類を考えています。杭基礎の必要な場合は基礎の立ち上がり部分を鉄骨とする方法もあります。屋根と床以外の仕上げは構造材に塗装を施しただけで居住に不都合が無い様に考えています。また将来の基本部材の売却も考え、経年劣化を緩和すべく外装や内装の追加も自由に出来るように取り付け下地は装備しています。

環境の負荷を削減する社会の仕組みとDEWS工法

建築行為が、社会の大きな流れの中で、環境負荷削減の方向に確実に作用する役割の一端を担った流通の仕組みのなかでこの工法を考えたいと思っています。具体的には、木材の安定した一定量以上の需要を生み出すことで山林育成の働きに作用します。これにより、山林で二酸化炭素を吸収固定した樹木をそのまま自然に朽ちて腐食させ、吸収した二酸化炭素を単純に放出させている状況を改善します。さらに、伐採された木材が長期間使用されることで、その木材が吸収してきた二酸化炭素量が固定延長されます。その間に、新しく植えられた樹木が二酸化炭素を吸収し続けるので、伐採後の使用期間が長いほど全体の二酸化炭素排出量の削減に役立ちます。基本的には伐採されるまでの期間を上回る使用期間とすることが目標となります。加えて、建築方法と構成部材をシンプルにすることで、建設に関わるエネルギーを様々な方向から減少させ、建築行為総体としての環境負荷を削減させる行為に転じさせることが可能になります。

建築のあるべき姿としてのDEWS工法

  1.  解体、再組み立て、居住しながらの建築部材の部分交換、及び解体部材で以前と異なる間取りに建て替え可能とすることで、時代や生活形態の変化に対応可能。
  2. 躯体工事は、事前に加工された部材の組み立てとすることで、建築時や増改築、解体時での廃棄物の排出が少なくなり、作業効率も良く、工期も短くなる。
  3.  あらかじめ再使用を前提とした規格寸法で生産し、ルールに基づいた接合方法とすることで、解体後も部材をそのまま他の建築に活用でき、解体部材の売買も可能となる。
  4.  基本となる部材を再使用部材と下地材などとなる消耗部材とに分けることで、再使用部材を傷めることなく繰り返しの使用と部分交換を可能にし、建物または部材を長期使用し続けることが可能。
  5.  集成材を、「木材の多様な建築的特性を併せ持ちつつ、自然木の節や腐朽部分等を事前に除去することで強度のばらつきや狂いやすい弱点を補い、必要な性能を単体で実現可能な材料」と捉え、これを基本部材とし、構造躯体に塗装等の簡易な仕上げだけでも、支障なく生活が可能建築となり、生産に多くのエネルギーを消費し、廃棄物の処理を困難にする新建材等の使用を抑える。
  6.  林業の活性化を促す有効な手段となるよう、木材使用量を在来軸組み工法の数倍とし、木材の生産性を向上させるとともに、建築行為全体における木材の利用率を上げる。また、構造以外の木材活用部を増加させることで間伐材の活用の可能性も増加する。

これらの内容が単体で行われるのではなく、総合的に組み合わせることで、建築が与える環境への負荷を、より一層削減し得る可能性を提示しております。