空家・解体材 有効活用

今日、空き家が問題になっています。私たちもその空き家が、部材の再使用できない建築になっていくのであれば、環境の負荷を削減する工法の建築にしていきたいと考えています。機会ある毎に提案していこうと思っています。
空き家の解体材は今は全て余程の貴重な材でない限り、殆ど焼却されています。未だ協力解体事業者が現れていませんが、解体材の柱や梁、桁等は、可能な限りFSB工法の壁パネルに活用できないかと考えています。費用的には未だ未だ赤字になるでしょうが、焼却されて二酸化炭素として排出されること防ぐ手だてを考えて行きたいと思っています。