家づくりの進め方

お問い合わせより引き渡しまで、およそ1年ほどかかります。一般的な進め方をご紹介します。

1.お問い合わせ

ホームページ上においてもいくつか私たちの業務についてのページを用意しております。ご覧になって少しでも興味を持って頂けたら、お気軽にご連絡ください。
お問い合わせは、お問い合わせフォームやメール、電話などでご連絡ください。
新築や建替え、リノベーション・リフォームのほか、現在のお住まいでお困りのことなどお気軽にご相談ください。

2.事前相談

その後、実際にお会いして具体的なご相談をお伺いし、私たちの設計の仕方、考え方、価値観等についてお話をさせて頂きます。また、些細なご質問もお応え致します。
当事務所にお越しいただければ、設計事例には掲載していない物件の写真や、使用している素材などをお見せすることもできます。
予定の敷地写真や測量図をお持ち頂き、予算や家族状況をお聞かせ頂ければ計画の可能性についてもお話ができるかもしれません。

先に進めたいお気持ちのある方には計画調書をお渡しして、敷地を拝見する時までに記入して頂いております。

3.敷地拝見

私たちと一緒に家づくりをやってみようというお気持ちになりましたら、実際の敷地と御家族をご紹介下さい。
現地と計画調書を拝見し、御家族の要望やお話を伺いながら、自分たちに引き受けられそうか、またその場合の計画の可能性についてお話をさせて頂きます。その上で一緒につくる気持ちを共有することができましたら、先に進めさせて頂きます。

4.設計監理契約

私たちは基本設計の提案を最も重要と考え、それだけのエネルギーを注ぎ込んで計画をしていきます。そのエネルギーの傾注を促すのは依頼してくださった方の私たちに賭ける想いです。その想いを確認する上でお願いしているのが設計監理契約になります。しばしば契約前に間取りの提案をお願いされることがあります。しかしながら間取りを考えることは基本設計をすることで、思われている以上に住まいの内容を決定付けます。軽はずみな提案はできません。間取りの提案は設計契約後とさせていただいています。

5.基本設計の提案

記入された計画調書を頂いてから1~2ヶ月程の期間で、家族条件、法的規制、敷地環境、予算等の条件をよく検討し、かつその時の諸条件を活かし、私たちでなければ有り得ない特徴を持った最適と思える提案を致します。

6.提案の修正・調整、最終案作成

提案した計画を元に打ち合わせを行います。もし提案内容が御意向と異なる場合には納得のいく案になるまで再提案や修正案を提示致します。
御意向に沿った間取りが決まりましたら、細部の希望を聞かせて頂き、実施設計にどう織り込んでいくかを打ち合わせを重ねながら一緒に詰めていきます。もしどうしても納得できない時には設計監理契約を解約して頂くことができます。その場合には手付金(設計監理料の10%程度)のみのご負担ということになります。

7.実施設計(2~4ヶ月程度)

基本設計での最終案をもとに、構造・設備を含め、細部の検討を行いながら工事と見積もりに必要な実施設計図書を作成します。全体を見渡しながらの作業のため、この期間は設計に集中するお時間を頂いて、ある程度全体がまとまってから打ち合わせをさせて頂いております。この時点以降の解約には実施設計料が進度に合わせて発生します。

8.見積もり

実施設計図書が完成しましたら、その図書を元に施工予定業者(数社)に見積もりを依頼します。建築主様の紹介する施工業者も私たちが紹介する施工業者も同じ条件で積算して頂きます。その間、建築主様の方にも細部に渡って図面をよくご覧になって頂き、要望と違っているところが無いか確認して頂きます。見積もりにはおおよそ15日から20日程かかります。

9.見積もりのチェック、最終内容への詰め

全施工業者から提出された見積書を比較検討し、妥当性と過不足をチェックします。金額に調整が必要な場合、見積書と図面を照らし合わせながら変更提案も織り込み、予算に合う内容になるまで一緒に最終内容を詰めていきます。また、施工業者を決めるため、依頼しようとする施工業者の過去の実例を一緒に見せて頂くこともあります。

10.建築確認申請の代行(融資を受ける方は設計審査申請)

家を建てる場合、殆どの地域では着工前に建築確認申請が必要になります。国が定める審査機関に申請し、法的認可を得ます。平成19年の建築基準法改正以降、確認申請済証取得後の変更は工期や費用に大きく影響を与えることが多くなったため、工事見積もりが確定した後に申請するようにしております。規模や構造等によっては確認申請に時間が長くかかる場合もあります。

11.工事契約の立会い

工事監理者として工事契約に立会い調印します。支払条件・工期等、建築主と施工業者それぞれが納得した内容で契約できるよう調整致します。特に問題がない場合、工事契約成立時点で監理料分を除いた設計料の残金を請求させていただきます。

12.設計者としての工事監理

着工後、工事が設計図書通りなされているかを確認・指導を致します。何か異常があれば報告し、必要があれば建築主と相談もします。ただし常駐監理ではありませんので、工事の全過程を見ていることは出来ません。各工程の作業終盤に於いて、確認や手直しが効く段階でまとめて確認や是正指示をするようになります。尚、工程監理での工期遅延に関しては、期間内に完了するよう工事者への指導監督は行いますが、工事者と異なり、設計者の行えることには限界があり、工事遅延には責任を負えない場合が多いことをご理解下さい。

13.検査機関による検査の立ち会い

検査機関や役所による中間・完了検査の申請を代行し、実際の検査に立ち会います。当然ながら私たち自身による検査も事前に行います。

14.竣工、引渡し

竣工引渡し前には私たちによる検査と建築主による検査を行い、指摘事項があった場合には修正工事を行った上で、施工業者からの引渡しとなります。無事引渡しが完了しましたら、私たちの監理料も請求させていただきます。

15.完成後の点検、メンテナンス相談

引き渡し1ヶ月後に、点検と、引き渡し時の未了あるいは不具合の手直し工事の確認を致します。ご相談があれば1年後などの点検にも応じております。