味が出てきた佇まい

先日、10年近く経ったので、気になる不具合を相談したいということで「鎌倉の家」に行って来ました。住まいは住む方の人柄を表すと言われます。その家の前に立った時、緑も増え、手摺の木の色が渋いグレーに程よく経年変化していて、これまで大事にして来た跡が伺え、新築の時より味わい深くなっていました。

中に入っても人柄そのままに、新築時の奇麗さを損なわず美しいままでした。心配されていた洗面所の天井の漏水は、換気扇の外部のウエザーカバーがら強烈な台風時の横なぐりの雨で入り込んだのではないかとなり、さらにカバーを重ねることにしました。その他のメンテナンスのことも納得されて、自分でやれそうなところは自分でやるようなことをおっしゃっていました。ただ二階居間の屋根の軒の、隠し樋のFRP防水の表層の仕上げ部分が禿げかかっていたので、保証期間も過ぎており、プロに防水を再度塗り直した方が良いということになりました。ついでに軒先の鼻隠しも直すこととしました。

上が竣工時の外観です。