地球温暖化に抗い、環境負荷の少ない家づくり

異常気象や自然災害を招いている地球温暖化や、廃プラ等の環境悪化への対策は待ったなしです。しかし多くの方は自分一人ではどうしようもないと考えています。しかし私たち自から口にはしませんが、環境に関心があり、建築で何かできないかと感じている方に、選択肢として提案していることがあります。

あなたの造る建築が木造で、通常の3倍以上の木材を使用するFSU工法なら、30坪の床面積で、1haの森林整備を促し、8.8tの二酸化炭素を吸収固定させることになります、と個人でもできる可能性を提示しています。私たちは1997年の京都議定書が定められる前から環境負荷の少ない建築の仕組みを探し続けてきました。その結果、環境負荷の少ない建築としてFSU工法を提案しています。

FSU工法は木造建築の柱・間柱・筋交い・壁下地・仕上げという、煩雑な現場作業を必要とする現状の建築の仕組みから、部材を規格化し、殆どを工場加工して、現場に搬入し、組み建て・取り付けるだけでの仕組みにしたものです。

具体的には、105~240角の無垢の木材をモデユール化した寸法に建て並べてボルトで連結してパネル化し、柱と横架材間に挟み込み、パイプ等の金物でピン固定して耐力壁にする建築の工法です。屋根もパネル化し、他の部位も可能な限り工場加工して搬入し、組立と解体が容易で、しかも解体部材は同じ工法なら再使用することも想定しています。

そして将来的には全国の各部材の工場の在庫の出荷可能情報も、全国の各現場からネットで調べて、希望に沿った注文と入荷が即できる、まさにスマートな建築の仕組みに、移行し易すく考慮された工法です。建築物として存在している状態の情報も、解体予定や解体材の情報も同様です。

⇒ FSU工法について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です