カテゴリー: 土肥の家

改修工事 土肥の家引き渡し

土肥の家は9月末に引渡しを終えました。
塗装工事が終わるとすっかり新築に戻ったかのようです。
当初、後でエアコンが設置できるようにと設計していた上部ガラリの収納部分に、30年後にしてその設計通りエアコンが設置されました。

キッチン横に新しく出来た食品庫です。
以前ここは勝手口ドアが付いていた場所で外部でした。

最後のクリーニングの段階で、収納の中に残っているものも処分して欲しいとのことで建て主さんと工務店さんでいっしょに中身を確認していたら、サンプル帖が出てきました。
なんでこんなものがここにあるのと建て主さんは驚いていましたが、今回の工事で使ったものではないので、もしかしたら30年前に渡しておいたサンプル帖じゃないということになり更に一同驚いてしまいました。


土肥の家 改修工事現場から

土肥の家改修工事現場です。
外壁は基本的には既存の外壁の上に全面弾性吹付タイル仕上げで、補修が必要そうな部分は既存外壁を剥がして防水シートを張り直し、木ずり、ラスカット張り、モルタル下地と新設していきました。

下の写真の部屋は洋室から和室へと変え、奥行き910mm分を増築する部屋です。
左の写真は既に増築をして床組をしてあり新設でサッシが取り付いてある状態です。
もともと外壁であったラインにかなり梁せいのある梁が通っていました。このままではフラットの天井から梁が飛び出てしまうので、現場で急遽段違いの天井でそこの部分は仕上げをヨシベニヤにし、間接照明を仕込もうということになりました。
ヨシベニヤを貼った状態が右の写真です。
クロス貼りの天井に表情がついて、なかなか雰囲気のある和室になりそうです。
壁はこれからクロスを貼り変え、建具は塗装で壁の色に合わせていきます。


土肥の家改修工事スタート

30年程前に藤原さんが設計し、竣工した土肥の家の改修工事が始まりました。
家全体の補修に、一部増築、浴室を広くしたり洋室を掘りこたつのある和室に変えるなど、その他に仕様も変えて大規模な改修工事です。
仕上げ材を剥がしてみると当時の職人さんの仕事ぶりが手に取るようにわかり、ちょっとした事でもしてたのとしてないのとでは大きな差が出てきます。

屋根は塩焼き瓦という瓦葺きです。防水シートから新しく張替え瓦桟を敷き、基本的に外した瓦は再利用して補修が必要なものは新しく取り替えて葺き直します。
海から近い場所で、金属屋根ですとすぐに錆びてしまうので潮風に強く耐久性の高い塩焼き瓦で葺いているのですが、どんどん生産量が減っていてなかなか手に入らないようです。

修善寺駅から現場まで車で40分程の場所ですが、緑が豊富で海も近く、とても良い場所です。
打ち合わせや監理で通っていますが、行く度に気分がリフレッシュされます。