北上尾の家

北上尾の家 外観01

北側に大きな屋敷林を有した、古くからある敷地で、ご両親の住む母屋の敷地の一角に建つ家です。
建物は、南側を日本に古くからある入母屋の屋根を大きく広げ、母屋屋根の高窓から廊下に光を落とし、北側は、切り妻の大屋根とする、平屋建ての家です。
東南の角に開口部を大きく設け、朝日が入るだけでなく、食堂で母屋の状況が分かるようにしています。南側の掃き出し窓は全て、引き違いのサッシの半分を壁の中に入れ、障子と共に引き込み戸としています。
ここの建て主さんが、設計者としての私を知っていただいたきっかけは変わっています。母屋のリフォームで、手伝いで来た大工さんに薦められてのことだそうです。その大工さんは、十年ほど前にある住宅の工事で一緒だった方で、私も現場で建築の議論を楽しく交わしたことを覚えていました。お母さんが、娘さんの家のことで、聞いてみたら、私共のことを薦められたとのことでした。それで娘さん夫婦が、ホームページを見て気に入って、声をかけていただいたようです。これまで工務店さんに、建て主さんを紹介されてということは何度かありましたが、全くの渡り職人の、しかも十年以上も前の大工さんから推薦されたのは初めてでした。

 

所在地 : 埼玉県上尾市
構造規模 : 木造 平屋建て
延床面積 : 148.23m2(44.84坪)
設計担当 : 藤原・青島
施工 : ODA建設

北上尾の家「居間から和室」_MGL9273b_MGL9353b_MGL9093b