考え方

私たちがお手伝い(設計支援)する意味

住宅が余っている今日、新たにつくる意味はあるのか、とよく問われます。

確かに以前は床面積を確保したいだけの家が多く建てられ、そこには私たち設計者の出番はありませんでした。今、そのような家は余ったら空き家にしかなりようがなく、新しく建てるなら、住み続けたくなるよう家にすべきと気付いてきた方が多くなってきたのではないかと感じられます。

自分の家の可能性の想像が困難で、普通、自分の状況でどんな家が建つかを知りたく、簡単に間取り提示してくれるところに依頼して可能性を探ろうとするようです。その場合提示されるのは法的許容範囲の自社商品の中から、希望に沿ったものが提示されます。決して想像力を働かせて、状況の可能性を探ることなく、優先順位の検討もなく、通り一遍のたたき台としての案の提示になります。それをもとに修正をして自分の家が作られていくようです。

私たちが家づくりに関わる意味は、そこでの初期の諸条件や要望の吟味にあります。単なる法や技術あるいは予算の検討だけではなく、通常では、見落とされがちな状況の可能性や要望の洗い直し作業の中、経験と感性ゆえに見出せる微かな可能性の発見と、それを磨くことでできる提案にあり、そこに決定的差が生まれます。だから私たちは安易な提案はできず、最初に設計契約をしていただき、腰を据えて初期段階を考えることを大事にしたいのです。

条件の検討作業は、作る方の満足のためだけでなく、建物をどこにでもある物から、自分の大事なものにする-カスタマイズ-行為にもなります。そして一緒に検討するが故にその価値が、独りよがりから客観性を獲得し、普遍的価値に転化し、建物が自分にとっての役割を終えて、転売されても、第三者にその良さが伝わり、継続して使われるものになります。(戸神台に家、棚楼居、他)

建てるからには、大事にしたくなり、独りよがりでなく、普遍的で美しくありたいと望む方のお手伝いに、私たちは意味を見出しています。それは、広さだけでも、天井が高いからでもなく、はたまた収納があるからとか、高価な機材を使用しているからでもありません。環境を上手に活かし、誇りを持てる気に入った空間であり、それでいて、環境負荷が少なく省エネで融通性があって堅固な建築です。その空間を味わえるのは、他人の価値観に流されず、これでよしとする見識と覚悟のある住み手の余裕ゆえと理解しています。

 

地球温暖化に抗い、環境負荷の少ない家づくり

異常気象や自然災害を招いている地球温暖化や、廃プラ等の環境悪化への対策は待ったなしです。しかし多くの方は自分一人ではどうしようもないと考えています。しかし私たち自から口にはしませんが、環境に関心があり、建築で何かできないかと感じている方に、選択肢として提案していることがあります。

「あなたの造る木造建築がFSU工法なら、通常の3倍以上の木材を使用し、30坪の床面積で、1haの森林整備を促し、8.8tの二酸化炭素を吸収固定させることになります」と個人でもできる可能性を提示しています。私たちは1997年の京都議定書が定められる前から環境負荷の少ない建築の仕組みを探し続けてきました。その結果、環境負荷の少ない建築としてFSU工法を提案しています。

FSU工法は木造建築の柱・間柱・筋交い・壁下地・仕上げという、煩雑な現場作業を必要とする現状の建築の仕組みから、部材を規格化し、殆どを工場加工して、現場に搬入し、組み建て・取り付けるだけでの仕組みにしたものです。

横架材間に挟み込み、パイプ等の金物でピン固定して耐力壁にする建築の工法です。屋根もパネル化し、他の部位も可能な限り工場加工して搬入し、数日で木造スケルトン(周壁構造躯体)が出来上がります。簡易宿泊も可能なスケルトンのため、設備や内装のDIYも可能です。

組立と解体が容易で、しかも解体部材は同じ工法なら再使用することも可能です。将来的には全国の各部材の製造状況や解体部材の存在情報も公開されて、希望に沿った注文と再販ができる、スマートな建築の仕組みに、移行し易すく考慮された、極めて斬新な特徴を持った工法です。

 

FSU工法はあくまで選択肢のひとつとして提案するもので、社会がまだこの工法に適した体制に整ってないところもあり、状況によっては多少の困難が伴うこともあり、それを一緒に乗り越えようとす想いを共有していただく必要があります。

⇒ FSU工法について詳しく見る

 

リフォームか建て替えか

空き家が増えていく状況に、何とか壊さず満足出来るものにしようとリフォームがブームになってきています。私たちもそのリフォームのお手伝いをしています。しかしリフォームは建て替え以上に難しいところがあます。リフォームでも水回りだけ改修したいというような場合は私たちの出番はありません。 

地震に耐えつつ全体的に満足いくものしたい、というように多様な判断と思考を必要とする場合なら、お手伝いする意味が生じてきます。その場合、リフォームでどこまで満足いく空間が可能か、そのための費用負担の見極めと耐震性の判断、建築基準法上の問題、と建て替え以上に考えなければならないことが多くあります。まさに設計者の判断と提案の必要なところです。

リフォームで見誤るのは費用負担との見極めです。リフォームは建て主にも施工者にもやってみないと分からないところが多く、見積もりが難しいところがあります。建て主の方はリフォームだからこんなもんだろうと甘く見る傾向があり、施工者も壊して中を見てみないと分からないからと、最初から保険をかけた見積もりにして提示する傾向があります。それでも追加はやはり追加で請求はされますから、予想以上にかかった、という建て主の声をよく聞きます。これだったら新築にした方が良かったと言われる方の多いゆえんです。

設計者はここまで先を読んで、最初に述べた問題を一つ一つ検討しながら判断し、提案をしなければなりません。そこに難しさがあります。リフォームは現場を見ない限り最終的には判断はできませんので、事務所で相談受けても、最終的には現場を見て提案するようにしています。

 

固有性を求めて、普遍的価値を生み出す

設計者の社会的役割

何時、どのような時代にあっても、建築(住宅)にしか提示できない、社会を豊かにする独自の社会的役割があるはずと考えています。その中で私たち設計者のなすべきは、個々人と社会を豊かにする固有の空間価値(の可能性)を、建築設計という視点からひとつでも多く見つけ(創り)出し、提示することであると思っています。私たち設計者にしかできないことはまだ沢山あると感じています。

多様な固有性のもたらすもの

個々の業務での役割は、依頼された建物の個別的条件に応えて、最善の有り様を提案することにあります。結果提案されるものは個別的条件に忠実になればなるほど固有な回答になります。何時の時代でも自然界や社会では多様な固有性が豊かさを生み出し、あらゆるものを相互に生き生きとさせます。多様性によって個々も輝き、生活も充実し、望ましい文明や文化を作り上げていきます。生産効率を求める現代の経済社会にあっては、その固有性は必ずしも求められてはいません。そのような社会にあっても私たちは敢えて、個々の固有性を大事にした建築をつくりたいと思っています。

リフォームで見誤るのは費用負担との見極めです。リフォームは建て主にも施工者にもやってみないと分からないところが多く、見積もりが難しいところがあります。建て主の方はリフォームだからこんなもんだろうと甘く見る傾向があり、施工者も壊して中を見てみないと分からないからと、最初から保険をかけた見積もりにして提示する傾向があります。それでも追加はやはり追加で請求はされますから、予想以上にかかった、という建て主の声をよく聞きます。これだったら新築にした方が良かったと言われる方の多いゆえんです。

豊かさをもたらす固有性とは

真に固有な建築は、決して住む人や設計者の恣意性によるものではなく、そこでの状況に即したある必然性が備わっていてこそ、社会を豊かにする力が発揮されると思われます。その必然性も、そこに住む人と場所性だけではなく、それを創ることに関わった施工者とそれらを調整統合する設計者にまで、すべてにとって必然と感じさせるものでなければ力強いものにはなりません。そしてその必然性を丹念に手繰って行こうとすると、どうしても一般社会が抱える構造的な問題に行き当たります。その社会性までをも考えられた固有な建築とそこに創られた空間は、その社会と時代を写し取り、普遍的価値を生むものと信じて励んでおります。このような一人一人、異なる人が、異なる場所に住まう、固有な住宅は、他所の個別的で多様な生活を許容し、お互い刺激しあい、より多様化した価値を生み出し、そこに住む人や社会をより豊かにしていくと確信しています。