真間川の家

リビングから中庭「真間川の家」
 

市川市真間川沿いに建つこの住宅では、川と平行に南北に細長い敷地の特性を生かす事、「緑に囲まれた生活」を強く希望されている事を念頭に計画を始めました。

建物のボリュームを南北に分けコの字で囲むように中庭を設け、そこに緑を植えることで個室を除けば室内のどこからでも中庭の緑を眺めるように計画をしました。
2階の居間と食堂は中庭によってスペースを隔てられますが、それによって居間から食堂を見ると中庭の緑が家の中に取り込まれたように見えます。

川側に開いた中庭の遠景には川沿いの桜並木が眺められ春先には満開の桜を望むことができます。

所在地:千葉県市川市
家族構成:夫婦
構造:木造一部鉄骨造 2階建
敷地面積:142.8平米(43.2坪)
延床面積:111.4平米(33.7坪)
施工:岩瀬建築
担当:藤原・中嶋

真間川の家のポーチ
変形地をうまく取り入れた路地のようなポーチ
玄関ホールからみた中庭
玄関ホールからみた中庭
階段からリビングを見る
階段からリビングを見る
ダイニングから中庭とその奥のリビングを見る
ダイニングから中庭とその奥のリビングを見る
階段からダイニングとキッチンを見る
階段からダイニングとキッチンを見る
中庭に面した明るい洗面室
中庭に面した明るい洗面室
洗面室から浴室を見る
洗面室から開放的な浴室を見る
2階のトイレ
手洗いカウンターがあるトイレ
外から中庭を見る
外から中庭を見る
アプローチの夕景
アプローチの夕景