国立の家・敷地内崖(段差)活用

敷地の周辺は、どこも道路から1.2m程高くなっていますが、土地を分譲する会社が駐車場用に、道路から奥行一台分、道路レベルに下げて、3区画で販売した、その中央の土地です。間口(東西幅)が6.6mの敷地で、途中に段差があります。

住宅を建てる前の敷地の様子。北側道路の間口6.6mの敷地で、南北に長く、道路から6m程の奥が1.2m高くなっています。建築前の区画分譲される前の敷地です。6m程奥からが道路から1.2m程高くなっています。

建て主さんが参考にと、この住宅になる前、他所から提案頂いた案を複数見せて頂きましたが、どれも道路際に駐車場を設けその奥に建物を建てる案でした。駐車場を設けたため南側に寄せる案で、南からの陽ざしが期待できませんでした。

東隣の駐車場とその奥に1.2mほど上がったアプローチ

 

敷地内段差(崖)は悪条件にもなりますが活用次第で利点にもなります。今回はその段差を構成する高い地盤を、建物北端まで延長し、建物の東西を囲むことで、車庫階を地階扱いにし、道路側を3層建て、奥を二階建てとしました。

駐車場は、地下扱いの開放された車庫で、道路までの縦列駐車で二台分確保し、地下階入りの玄関としました。一階は高い地盤にさらに1mほど高い基礎で、地下階にのせた一階床のレベルと合わせました。東側開放のコの字型の中庭を12,5畳ほど確保し、南側に平屋の客室を寄せ、その屋根越しに冬至の陽光が居間食堂に入る、地下一階地上二階建てにしました。

 

敷地半ばの1.2mの段差に着目し、高い地盤からさらに1.0mほどの高基礎の1階とすることで、地下車庫を含めた三層建ての建築が可能にしました。各階に将来用のエレベータースペースを設け、道路からのバリアーフリーの可能性を残し、南側の客室は平屋にすることで、南隣家の二階からの視線を遮りつつ、冬至の陽光を屋根越しに居間に入れることも可能にしました。
詳しくは、ブログ記事「設計では何をするのか・間取り計画で着目と工夫した点「国立の家」」を参照してください。


駐車スペースは予算削減のためシャッターのない開放車庫とし、玄関も地下入りです。車庫の奥行きは上の階の間仕切りに合わせ、高い敷地を少し削って、道路から縦列で二台分を確保しました。上の階の保温のため車庫天井と周囲のコンクリート壁を上から60㎝分の高さを、コンクリートと似た仕上げの素材の断熱材を探して覆ったため、壁の途中に段差が生じています。


各階で適切となる位置に階段とその脇に将来用エレベータースペース(バリアーフリー)を確保しました。その隣が階段で、風通しの良い、蹴込み板のない階段としていています。将来用のエレベータースぺースは当面スタディーコーナーとし、地階と2階は収納にしています。

廊下の向こうが居間で左が水回りとパントリー、右が中庭で、壁厚を利用して本棚を仕込んでいます。居間と連続する階に、中庭を囲うように客室へ通じる廊下を設け、そこに洗面浴室等の水回りを配しています。


客室を一階の南境界に寄せて、居間・食堂との間に中庭を設け、客室の屋根越しに陽光が入る配置にしました。二層部分の一階は高基礎として、三層部分の二層目にあたる一階レベルに合わせ、客室は平屋にして、屋根を南隣家の窓から居間が見えない、かつ冬至の陽光が屋根越しに入る高さとしています。中庭の広さを3間×3間に満たなかったので、東側を開放したコの字型の中庭とし、その殆どをデッキスペースにし、解放された境界はウッドフェンスを立て、前に植栽を施しました。


居間と中庭が一体化するように床レベルを合わせ、冬至でも日差しがたっぷり入り、植栽も目に入ってきます。夏は居間の上の階のベランダで陽射しは遮られ、中には入りません。このように日差しに対するこだわりは、設計者によって大きな違いが出る要素かもしれません。

居間の天井を高めにするため、その上の二階の子供室をその2階レベルより80㎝程持ち上げ、その個室への階段の段板間を透かし、1階と2階の気配の感じ合う仕掛けにしています。食卓には東の窓から朝日が差し、北側の窓は熱損失が大きいので、小さめのピクチャーウインドウとし、道路向かいの緑を借景にして、暮らしに彩を与えらればいいかと思っています。

子供室のベランダから下の中庭を見た情景です。2階は中庭を見下ろすように東から陽光が入る寝室と、南からも陽が入る子供室を配しています。

国立の家データ
所在地 :東京都国立市
構造規模:地下1階鉄筋コンクリート造 地上二階建て木造
敷地面積:134.3㎡(40.69坪)
建築面積:67.14㎡(20.34坪)
延床面積:171.68㎡(51.93坪)
設計監理:結設計 藤原 ・岡坂
施工  :株式会社オダ建設 工事担当 飯島 
竣工  :2021年10月
撮影:齋部 功 加藤義弘 藤原昭夫