建築工事でのお茶出し

事中のお茶出しどうすべきか建築工事が始まる時、建主としては、年配の方は特に、職人さんへのお茶出しを気にされ方が少なくありません。しかしながら昔と違って最近は、建主さんが近くにいないケースが多く、職人さんもなくて当たり前と、殆ど気にしていません。近くの現場であっても、気にする必要は全くありません。住宅程度の普通の現場では、午前10時と午後3時に職人さんたちは声を掛け合って10~15分程休憩をとります。その時現場監督がいる場合、監督によっては自販機のペットボトルのお茶や缶コーヒー等、配ったりすることもあるようです。あるいは、自分らで買いに行ったりすることもあるようです。建築主としては、あまり気にせず、せいぜい現場を見に行く時に、ペットボトルのお茶等を持って行く程度でいいかと思います。