カテゴリー: 戸神台の家

伊丹の家ストーリー4

「伊丹の家」エピソード4
伊丹の家の事例紹介のため、植栽の葉が芽吹いた頃、写真撮影することになっていました。最近居間食堂の床を畳にしたいという若い建て主さんが3人連続していましたので、畳の住み心地を改めて伺いたいと思っていました。

そのお願いをしようとしていたら、建て主さんから、海外勤務になるという連絡がはいりました。またびっくりして、よくある、家を建てると転勤を命じられる、というやつですかと聞いたら、そうではなく、関西で家を建てようと決める前から、海外勤務を希望されていたとのことでした。
ゴロゴロできる畳の生活にとても満足していたので、それが出来なくなることだけが残念だとのことでした。新居はどうされます?と伺ったところご両親が時々住んで頂けるということでした。

とにかく家づくり物語のエピソードの多い方でしたので、今度は海外でも家を建てるぞ、と言われても驚きませんのでと、海外に行く前の挨拶をさせて頂きました。
家づくりストーリーは未だ未だ続きそうで、海外からの報告写真がエピソード5になるかもしれません。


伊丹の家ストーリー3

伊丹の家・エピソード3
 「伊丹の家」は私たちが開発して来たFSU工法で創られています。この工法はプレカットと壁パネルの製作が妥当な価格と品質で出来るかということと、始めての工法に意欲的に妥当な見積価格で取り組んでくれるいい施工者がいるかどうかがポイントになります。下が今回のプレカット工場。

関東では毎回それに苦労していて、思った程普及が進まず、数棟にとどまっています。実は伊丹の家の建て主さんが設計依頼の時、今やられている工法でやっても構いませんよ、と言って頂きました。関西でもやってみたいと思っていた時でもあり、その壁パネルを製作してくれるところと、いい工務店に巡り会えるかが鍵で、初めての地、そう簡単に見つからず苦労すると思っていました。それがたまたま、関東で屋根パネルの製作を専門としている会社の方が、プレカット会社を紹介して頂き、そこにたまたまSE工法という新しい木造ラーメン工法を開発した会社にいた方が転職して来ていて、私どもの工法に関心を持ち、渋る会社に強く推してくれたので、請けて頂くことが出来ました。建て始めと一階北側壁が終わった時点の写真。


そこが紹介した施工者がこれまた優秀で、パネル製作に、自社の大工をプレカット工場に派遣して壁パネルの製作までしてくれました。その工務店の社長が遠方の設計者だから簡単には来てもらえないと、先々を読みながら仕事をしてくれたので、私共の足りない部分も事前にカバーされ、うまく出来たと言っても過言でないところがあります。二階壁完了し屋根垂木が乗った段階。

なぜかうまく運ばないときは、次々と障害が生じます。うまく運ぶときは多少の問題があってもトントンと進みます。出会いの重要なところです。今回の施工は新しい地にもかかわらず予想以上にうまく運んだ例ではないかと思われます。
工事途中に、塞ぐはずの妻側の桁上の三角の欄間を、建て主さんから明り取りにしませんかと提案され、それにも工務店さんは快く応じてくれました。

工事中も遅くまで頑張ってくれました。デッキから中を見た夜景写真


家づくりストーリー「伊丹の家」2

「伊丹の家」エピソード2
関西に引っ越し、しばらくは賃貸のマンション暮らしでいいと考えていたところ、千葉の家がすぐ売れてしまいました。戸建ての家の方が性に合うということで、土地を探し、手頃なところが見つかり、誰とつくるか、設計者をどうするか、と考えている時でした。その土地近くを歩いていると、何となく見たことがあるような家があり、結設計の家に似ているけどまさかこんなところにある訳ないと思いつつ、私どもを思い出し、関西まで来て設計してくれるか聞こうとなったそうです。
 設計者にしてみたら、二度も依頼される、しかも遠方であっても、ということは、設計者冥利に尽きるというもので、喜んで引き受け、敷地を一緒に見にいきました。色々見た帰り道、歩いている方向とは異なる左の折れ曲った道路の向こうを何気なく見たら、どうも見覚えある住宅の玄関付近と外壁や屋根の一部が眼に入ってきました。
確かに18年程前に関西に転勤を余儀なくされたTさんが、関東在住の時に転勤先の地に住宅を建てたいということで、2000年頃設計させて頂きました。伊丹市であることは覚えてましたが、だいぶ前で、場所までは確認して来ませんでした。建て主さんともその話はしておらず、又、らしい家を見たという話も聞いてませんでした。当時と付近の状況は様変わりしていて、街の様子も忘れてました。

驚いてそっちに勝手に歩き出していました。じつは建て主さんもそれらしいと感じた家だったということを後で知りました。表札を見たらやはりTさん宅でした。
ドアホンを押しましたが、その日は留守でした。もちろんその後、工事監理中に、ご主人が玄関から出ておられる時があり、一緒にお尋ねし、双方の家と人柄を紹介させて頂きました。ホームページで事例紹介始める前の家でしたので、建て主さんも事前知識なく、あり得ないと思われる地方で、私達が設計した家ではないかと、感じて頂けるということは嬉しい驚きでした。
その家の建築当時の南側外観です。今では周りが建て込み撮影不能です。

そっとお見せいたしますが、その家の建築当時の居間の写真です。


落下防止ネット

一年半前に竣工した戸神台の家にお邪魔しました。お子様がつかまり立ちできるようになって階段に上れるようになるのももう間近ということで、少し(?)危険な階段に転落防止のネットを張るのが目的でした。当初当日に張らせて頂く予定だったのですが・・、お子様が小さい間の一時的な処置とはいえ、玄関とLDKの目の前なのでなるべくきれいに、また、無垢の柱や段板になるべく傷をつけないようにと悩み始めると、こっちの方がいいだろう、いやこういう方法もあると、大工さんも交えて現場でいろいろな案がでてきて、結局来週張らせて頂くことになりました・・・。(担当設計者としては準備不足と反省ひとしきりです・・。)

img_1064e382b3e38394e383bc-efbd9e-img_1065


くつろぎの水廻り

戸神台の家では、2階に浴室、トイレと一体の洗面脱衣室、洗濯機置場の水廻りをまとめて設けています。脱衣室で洗濯物をまとめて、洗濯して、南側バルコニーで物干するまでが最短距離という便利な導線です。
通常、洗面脱衣室は必要な収納や鏡を設置すると明るさに十分な大きな窓がなかなか確保しにくいので、浴室に大きな窓を設け、洗面室と浴室をガラスでつなぎ、広がりと採光を同時に確保するようにしています。

bath

建主さんのくつろげるお風呂への特別なご要望もあって、浴室は十和田石とヒノキ貼としました。ヒノキ貼の天井は洗面室側にもつなげ、照明器具は天井につけずに、白い壁を照らす間接照明としています。

to

cl

収納も天井にあわせて木の素材としました。洗面室の床は足ざわりの気持ちの良い籐タイルを敷いています。建主さんが吟味を重ねて決定された洗面カウンターの黒がとてもよいアクセントとなっています。

遠くの木々を眺められる浴室の大きな窓は、外側に日中は内部が見えないフィルムを貼っています。竣工時に外から見えないことを確認して、奥様も入浴を楽しみにされていたのですが、ブラインドを開け放しての入浴はまだ未体験・・・とのことでした。


和室のあり方

海外生活経験のある若いご夫婦は和のテイストを随所で好まれました。リビング奥の和室は、海外のお客様のゲストルームとして、またご出産後は育児に活用されているそうです。LDKに面した和室は、床の間での歳時記にあわせたしつらえをみじかに愉しんだり、押入を居間の補助収納として使えたりというメリットもあります。

k01

今回は『からかみ屋』さんという襖紙専門店にご一緒して選品させて頂きました。柔らかさと華やかさを併せ持つ上品な仕上がりの襖です。年月が経ってから襖紙を張り替えればまた別の雰囲気を味わえるのも、襖という建具の面白さです。下の写真の左側の襖を開けると玄関土間につながり、腰を掛けられる高さとなっています。玄関土間からの写真はこちらから。

k04

?採光を確保しつつ、将来建つであろう隣の家の外壁はあまり気にならないように、障子は雪見障子としました。障子越しの植栽スペースには、紅葉樹でもあり常緑樹でもあるオカメナンテンや香りのよい沈丁花、日陰にも強いツワブキなどを植えており、その成長が楽しみです。

k06


一番贅沢な空間にダイニングテーブルを

k11

私達の事務所ではリビングの天井に勾配をつけ豊かな空間とすることが多いのですが、「戸神台の家」ではダイニングの上に大胆な吹抜をとりました。

計画当初は、必要以上に天井が高いと感じたり、玄関・ホールとの位置関係で少し落ち着きがなくならないかと少し懸念していたのですが、竣工後、建主さんにご馳走になる度に、家の中心で一番贅沢な空間に家族が集うダイニングテーブルのある生活は期待以上のものだったと感じています。大空間としての新鮮さもさることながら、吹抜の大開口からのゆっくり動く雲や大きな空を眺めていると、自然の流れをじっくり味わってその場にとどまっていたいような気持ちになります。

階段越しにある玄関・ホールとは、少し角度をつけて斜めに設置した格子で目隠しをしています。

k2k3k25



『膨らんでいく』こと

竣工して半年、『戸神台の家』へ写真撮影に今週末伺います。

ご夫婦は私共の事務所へ設計を依頼される前も、また設計を進めながらも毎回内覧会に参加して下さいました。内覧会でお見せする家は、そのご家族や敷地によって趣も仕様もかなり違います。いろいろ見学するうちにあれもこれもと迷ってしまう方もいらっしゃるのではないかと思いますが、ご夫婦はいつも楽しそうでむしろその違いを愉しんでいらっしゃるようでした。

今振り返ると、家づくりをトコトン愉しもうという気持ちの余裕と、自分達らしいものを創っていきたいという探究心こそが、設計者である私達を鼓舞し続け新たな提案や発想を導きだしてくれたように感じます。そして、当初の提案が、お二人の住まいとしてオリジナリティのあるものにどんどん膨らんでいきました。
最初の提案時の模型と、竣工後の外観は、ほぼ変わらないように見えるのですが、実はいろいろな部分でより豊かに変化していきました。くわしくは撮影後にご紹介したいと思いす。

建主さんと向き合って設計が『膨らんでいく』こと、これは住宅の設計の醍醐味かなあと感じています。

251100_3921


「戸神台の家」内覧会のお知らせ

?

建主さんのご好意により千葉県印西市戸神台にて内覧会を開催致します。将来の家族構成や生活の変化にも対応できる36坪の家です。若いご夫婦の家づくりへの柔軟な考え方と情熱に、支えられ刺激を受けながら設計を進めさせて頂きました。シンプルな形態とすることで大きくコストを抑え、空間や素材のクオリティを高く保つことに力を注いだ結果、ほぼすべての提案や要望を満たすことができました。外壁の漆喰と焼杉のコントラスト、十和田石とヒノキ張りの浴室、土間と居間とつながる和室、壁の中に完全に隠すことでLDKの雰囲気をガラリと変える障子など、ご夫婦の「和」へのこだわりを随所に活かした設計となっています。内覧会ご参加のお申し込みはこちらからどうぞ。集合時間、場所等詳細をご連絡いたします。

https://www.yui-sekkei.co.jp/shs/event.html

開催日:12月13日(土)13:00?15:00

開催地:千葉県印西市(北総線「千葉ニュータウン中央駅」近く)

延床面積:約36坪

構造:在来木造2階建て

施工:有限会社 ミナガワ住建

内覧会終了後に、現地にて「土曜住宅講座」を行います。徒歩10分ほどの場所にある「印西の家」も併せてご覧頂けます。講座へのお申し込みはこちらからどうぞ。

https://www.yui-sekkei.co.jp/shs/index.html

?