カテゴリー: お知らせ

「武蔵野の家」プチ見学会のお知らせ

4月14日(火)に「武蔵野の家」の1ヶ月点検を行います。
その際に、建主様のご厚意により住まわれている住宅を見学出来る機会を設けることが出来ましたので、お知らせします。

IMG_4286

居間・食堂を2階に計画した地下1階地上2階建ての都市型住宅です。
結設計では珍しく?敷地いっぱいに建てているので、屋根の出はあまり出ていません。
敷地は、間口が狭く奥に深いかたちで、中庭を設け光を入れる工夫をしています。

IMG_8457

日当たりや、前の道路の人通り等を考慮して2階に居間食堂を設けた間取り。
2階の居間は、薪ストーブがあり、天井は小幅板天井です。
1階には、車庫が組み込まれています。
地下は、納戸とオーディオルームになっています。

IMG_8430

建物は、外壁を通気工法の外断熱とし、屋根は外断熱の上に通気層を設け、夏場の壁・屋根内の熱を逃がすようにしています。
また、基礎蓄熱式暖冷房と2階居間食堂には温水床暖房を入れており、居間や食堂・キッチン、寝室はもちろん浴室やトイレも含めた家全体が、ほぼ同じ室温になるので、ヒートショックになりにくい家になっています

ご興味のある方は、内覧会申し込みフォームにて、お名前・ご住所等をご記入の上お申し込みください。
お申し込みをしていただいた方には追って詳細をご連絡致します。

■開催地:東京都武蔵野市
■日時 :2015年4月14日(火) 午前中(10:30~)
■最寄駅:JR中央線 三鷹駅から徒歩5分


那須の家 プチ見学会は今週末

03

「那須の家」(栃木県)のプチ見学会は、今週末1/24(土)です。
既に入居されている住宅を見学させていただく貴重な機会です。お誘い合わせの上お越しいただければと思います。
詳しくはこちら

_MGL1865a


那須の家 プチ見学会のお知らせ

年明け1月24日(土)に、住宅を計画中の方を「那須の家」にお連れするのですが、もう数組の方をご案内することが可能そうですので、お知らせします。
約半年住んでみた建主様のご意見が聞ける機会です。
_MGL1776b今回のプチ見学会は、予約制とさせていただきます。ご興味のある方は、下記の申し込み方法にてお申込みください。

FSB工法の平屋建ての住宅です。
この那須の家の母屋には基礎蓄熱式暖冷房を入れています。
居間や食堂・キッチン、寝室はもちろん浴室やトイレも含めた家全体が、ほぼ同じ室温になるので、ヒートショックになりにくい家になっています。また、杉の角材壁が大きい蓄熱材として働くので、通常の軸組工法の家よりも、室温の変化が緩やかになります。
この基礎蓄熱暖冷房の熱源のヒートポンプは、夜間電力で稼働するので、電気代も抑えられます。

_MGL1865a
過去のブログでも紹介してきていますのでそちらもご覧ください。
住まわれてからの見学会ですので、その点のご配慮をお願い致します。

■開催地:栃木県那須町
■日時 :2015年1月24日(土) 13:00~
■最寄駅:JR那須塩原駅より車で約20分

■申し込み方法
見学ご希望の方は結設計宛にメールまたはFAXにて下記までお申し込み下さい。
お申し込みの際には、「那須の家内覧会参加希望」と明記して頂き、
住所、氏名、連絡先、参加人数をご記入下さい。
参加申し込みのご連絡を頂いた方に、詳しい住所などをお知らせいたします。

■申し込み先
事例案内申し込みフォーム
e-mail: office@yui-sekkei.co.jp
FAX:   03-5651-1934

_MGL2155b


武蔵野の家 内覧会のお知らせ

「武蔵野の家」は、間もなく竣工を迎えます。
年明けの1月11日(日)に、建主様のご厚意により、引き渡し前に見学できる機会を設けることが出来ましたので、お知らせします。
IMG_4286
居間・食堂を2階に計画した地下1階地上2階建ての都市型住宅です。
結設計では珍しく?敷地いっぱいに建てているので、屋根の出はあまり出ていません。
敷地は、間口が狭く奥に深いかたちで、中庭を設け光を入れる工夫をしています。

日当たりや、前の道路の人通り等を考慮して2階に居間食堂を設けた間取り。
2階の居間は、薪ストーブがあり、天井は小幅板天井です。

建物は、外壁を通気工法の外断熱とし、屋根は外断熱の上に通気層を設け、夏場の壁・屋根内の熱を逃がすようにしています。
また、基礎蓄熱式暖冷房と2階居間食堂には温水床暖房を入れており、居間や食堂・キッチン、寝室はもちろん浴室やトイレも含めた家全体が、ほぼ同じ室温になるので、ヒートショックになりにくい家になっています

ご興味のある方は、内覧会申し込みフォームにて、お名前・ご住所をご記入の上お気軽にお申し込みください。
お申し込みをしていただいた方には追って詳細をご連絡致します。

■開催地:東京都武蔵野市
■日時 :2015年1月11日(日) 13:30 – 15:30
■最寄駅:JR中央線 三鷹駅から徒歩5分


関東でもFSB工法の部材供給するところができた。

_MGL1826a

これまで工法の技術開発をしてきて、ようやく技術的にも費用的にも汎用性のある工法ができたと認識しています。(詳しくは―なぜFSB工法か―参照)これまでのFM工法やDEWS工法は、集成材とその加工の価格が高騰してきて、以前の価格を知っている者としては割高感が拭えず、去年頃からお奨めするのに躊躇していました。

それでそれらに代るものとして、上の写真のような柱角材連結パネル壁のFSB工法を開発してきました。これで真に環境負荷の削減に貢献させようとするのであれば、数多く建築されなければ意味がなく、他の建築設計者にも活用されるよう、リーズナブルな価格での部材供給が必要と思っていました。岩手県では可能ですが、関東にはありませんでした。それで理解ある協力者を得て(有)グル―ラムウォールという会社が、関東で「FSB工法」の部材供給をしていただけることになりました。私どもと同様小さな会社ですので、しばらくは二人三脚で協力していきたいと考えております。

そこでは「森の貯金箱の家」という(半)規格型住宅の供給もしていて、それへも協力いたしました。フリープランのコースでは、しばらくは結設計もお手伝いしていきます。規格型の場合、工事費は割安ですが、間取り等の変更できる範囲が狭いので、その間取りと仕様でよいという方に向いているようです。但し、自分なりの家が欲しいという方には、私どもと普通に設計して、計画する中で、FSB工法も検討し、最善の方法で建てられた方が選択肢も広がり、よいと思われます。費用的にも、そこのフリープランコースの場合とは何ら変わりません。普通の設計ですと、下の写真のようにFSB工法の柱の連結壁に直に和紙を貼った部屋もできます。

_MGL1884b


森の貯金箱事業 NHK「TOMORROW」 「明日へ」 

釜石森林組合事務所
東日本大震災の復興で、私たちなりにも協力してきた、釜石地方森林組合の活動がNHKテレビで放送されます。設計協力した被災者の再建住宅の映像もでます。私もいくつか取材を受け、映像提供も協力させて頂きました。放送予定は下記の通りです。
NHK-BS1、NHK総合、NHK-Worldでそれぞれ放送されます。

=========================================
NHK-BS1
【番組名】
TOMORROW 復興は森から~ “地元木材”住宅プロジェクト ~
※番組ウェブサイト:http://www.nhk.or.jp/ashita/tomorrow/

【放送日】
NHK-BS1
前編:平成26年10月29日(水) / 後編:11月5日(水)11月12日(水)に変更になりました。
午後2時00分~2時28分

再放送
前篇:平成26年11月1日(土) / 後編:11月15日(土)
午前10時00分~10時30分
=========================================
NHK総合
【番組名】
明日へ ~森が支える東北の復興(仮)~
※番組ウェブサイト:http://www.nhk.or.jp/ashita/

【放送日】
NHK総合
前編:平成26年11月16日(日) 午前10時05分~10時53分

=========================================

海外向け国際放送のNHK-Worldでも放送があります。
【番組名】
TOMORROW 復興は森から~ “地元木材”住宅プロジェクト ~
【放送日】
NHK-World
前編:平成26年10月27日(月) / 後編:11月3日(月)
午前10時30分~10時58分(以降、6時間ごと4回放送)

=========================================

岩手県の仮設住宅提案募集で提案し、採用された仮設住宅の工法を、岩手県森林組合連合会の方が、森林組合向きの工法だと見出して頂き、釜石地方森林組合の参事に紹介されました。その後、遠野市のリンデンバウム遠野という施工者と私たち設計者の4者で、震災で家を流された方を始め、被災地で求められる限り、建築に限らず、この工法で支援をしていこうと始めた事業が、森の貯金箱事業です。
022

建築だけでなく、KDDIさんの支援を受けて、ベンチやバス停の屋根等も提供してきました。

4者の中で私たちの役割は、この工法(FSB工法)をより確かなものにし、依頼者に沿った間取りで、かつ施工費用のかからない設計をすることです。関東での通常の設計では、私たちなりのこだわりや工夫が評価されて仕事として成立します。そのためどうしても多少の費用増を生じさせてしまいます。ところが被災地での仕事は、余計なお世話やこだわりで工事費を増にしないことが仕事になります。それと工法が構造的に新しいため、構造計算と建築確認申請の認可を得ることです。関東での仕事と違って、悩ましい想いは残りますが、別の意味で勉強になります。

私たちはともかく、被災地で頑張っている人たちがいることを知って頂くためにもご覧なってみてはいかがでしょうか。時間帯が働いている時間帯ですので、ビデオに撮る必要がありそうですが。


世田谷の家 内部壁石張

IMG_3745
世田谷の家は、内部の壁に石を貼っていました。内部左官等の仕上げ工事が進んでいます。
石張りは出来上がりが楽しみですね。

10月19日(日)の午後(13:30~15:00頃)に、建主様のご厚意により、数組の方をお連れして見学出来る機会を設けることが出来ましたので、お知らせします。
場所は、東京都世田谷区(田園都市線沿線)です。(プライバシー保護から見学希望された方のみにご連絡いたします。)見学ご希望の方は事例案内申し込みフォームからお申し込み下さい。


大宮の家 内覧会のご案内

大宮の家は6月末に竣工・引き渡しを終えました。
建主様のご厚意により8月2日(土)に内覧会を開催できることになりましたのでご案内致します。
P1130506

P1130536

大宮の家は、ご夫婦と小さなお子さん2人の4人家族の住まいです。
敷地が南北に長いため奥行きのあるプランになってしまいましたが、夏でもなるべくエアコンを使わないで生活できるような「風通りの良い家」と「明るい家」を熱望され、採光と通風に考慮して下屋部分や中庭を設け、間仕切り壁に風の通り道を作ったりといろいろな工夫がされています。

キッチンにもこだわり、壁側にI型の収納も含めた製作キッチンと、反対側には収納付きのアイランドテーブルからなるキッチンです。
食洗機はシンク近くの下に、オーブンは目の高さから少し低いくらいのちょうど使いやすい高さに組み込みました。電子レンジ、炊飯器など家電製品を置くスペースも確保され、間口が狭く奥行の深い収納としては使いづらいスペースには、下から上まで引き出して使える収納を取り付けました。

P1130496

P1130497

住宅の性能は、長期優良住宅の認定を取得していて、耐震等級3です。
暖房方法は、基礎に夜間蓄熱させる蓄熱冷暖房という方法です。冬は、足元からゆっくりと柔らかい暖かさがあります。
外部の仕上げはサイディング張りと左官塗り仕上げの2パターン、内部にも左官塗り仕上げや和紙貼り仕上げの部屋もあり、見学に来ていただいた際には仕上げの違いを見比べることも出来ます。

内覧会は、プライバシー配慮のため予約制とさせていただいております。見学希望の方は事例案内申し込みフォーム、または結設計宛にメール・FAXにてお気軽にお申し込み下さい。
お申し込みの際には、「大宮の家内覧会参加希望」と明記して頂き、住所、氏名、連絡先、参加人数をご記入下さい。
参加申し込みのご連絡を頂いた方に、詳しい住所などをお知らせいたします。

■開催地:埼玉県さいたま市大宮区
■日時 :2014年8月2日(土) 午後2時30分~ 
■最寄駅:JR大宮駅より徒歩で20分ほど(タクシーで約10分)
■申し込み先
事例案内申し込みフォーム
e-mail: office@yui-sekkei.co.jp
FAX:   03-5651-1934


西八王子の家 内覧会は今週末

西八王子の家は、今週末7日(土)内覧会です。
先日完了検査と引き渡しをしました。延床面積20坪以下のコンパクトな住宅ですが、とても魅力的な住宅に仕上がっていました。内覧会の詳細はこちらです。
IMG_66272階の天井は吸音仕様の小幅板目透かし仕上です。大工さんが小幅板をきれいに張ってくれました。
コーナー窓が2箇所ありますが、どちらも川沿いの桜が見えます。花見の季節には、家の中から花見ができるぐらい、桜がばっちり見えます。
IMG_6633畳敷きの茶の間。畳は縁なし半帖畳です。
写真ではわかりませんが、実は掘りごたつになっています。真ん中の畳を外して座卓を置くと掘りごたつになるんです。ご親戚などがお泊りになる場合は、畳を戻して寝ることが出来る様にしています。
左側に半分くらい見えている収納のところは、将来エレベーターを設置することも出来る様になっています。
IMG_6637キッチンは、カウンターの前に立ち上がりを設けているので、茶の間・居間からは手元が見えないようになっています。
IMG_6641食器棚。下の部分は市販のオスモの色を混ぜて着色塗装しています。吊戸棚はポリ合板。こちらは壁の色に合わせています。
カウンターと吊戸棚の間の壁には、建主さんが探してきたガラスモザイクタイルです。きれいなタイルで、光が当たると鮮やかの色になって面白いです。
吊戸棚にエアコンを入れています。(ガラリ戸の部分です。)
キッチンの外には、サービスバルコニーがあります。
IMG_6675コーナー窓からは桜がばっちり見えます。桜が咲く季節にも写真を撮りたいですね。
西八王子の家 外観足場が取れた時の外観です。建物の形は、寄棟の屋根のシンプルな形状です。
2階の東側にはデッキがあります。
外壁左官はいつもお願いする左官屋さんにオリジナルで配合してもらった壁で、とてもきれいな仕上がりでした。


西八王子の家 内覧会のご案内

来る6月7日の土曜日、建主様のご厚意により、結設計で設計監理いたしました西八王子の家の内覧会を開催できることになりましたのでご案内いたします。

IMG_3278

西八王子の家は、夫婦お二人のための1階床面積が9.75坪の2階建てで延床面積19.6坪というコンパクトな木造住宅です。
日当たりや借景・人通りを考慮して、2階LDKのワンルームの間取り。
南側道路向かい側の桜を借景する2階のコーナー窓、結設計オリジナルの小幅板天井、基礎蓄熱冷暖房、将来設置予定のエレベーター用スペース、チーク無垢材の床、掘りコタツ、左官仕上げの内外装など、延べ床面積で20坪を切ったコンパクトな住宅でありながら、いろいろ満載の住宅になった思います。

将来設置予定のエレベーターは、今後高齢になられたときにもし足腰が弱ってしまった場合でも2階に上がれるように建主様が考えられて、面積が限られている中でもぜひスペースを取ってほしいとのご希望を受けて、エレベーター用スペースを確保ししました。エレベーターを設置するまでは、収納として使用できるようにしています。
建物は、外壁を通気工法の外断熱とし、屋根は通気層付の断熱材を垂木間にはめ込み、夏場の壁・屋根内の熱を逃がすようにしています。
基礎の蓄熱暖房を設置しているので、建物全体を暖めて寒い場所がない家になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内覧会は、プライバシー配慮のため予約制とさせていただいております。見学希望の方は事例案内申し込みフォーム、または結設計宛にメール・FAXにて下記までお申し込み下さい。
お申し込みの際には、「西八王子の家内覧会参加希望」と明記して頂き、住所、氏名、連絡先、参加人数をご記入下さい。
参加申し込みのご連絡を頂いた方に、詳しい住所などをお知らせいたします。

■開催地:東京都八王子市
■日時 :2014年6月7日(土) 午後2時~ 
    ※時間を変更いたしました。
・結設計スタッフと駅で待ち合わせの場合: 西八王子駅改札前 午後1時30分
・現地に直接行かれる場合: 現地 午後2時
■最寄駅:JR西八王子駅より徒歩で17分ほど(タクシーで約5分)

■申し込み先
事例案内申し込みフォーム
e-mail: office@yui-sekkei.co.jp
FAX:   03-5651-1934