古本

先週末から文化の日まで開催されていた、神保町の古本市に行ってきました。もともと普段から神保町の古本屋さんの多さと古本を求める人の多さには驚かされるものがありましたが、今回初めて行った古本市は予想以上の賑わいがありました。

古本屋さんでは新書の本屋さんでは見かけないような面白い本に出会えることができ、自分が生まれるよりも前に発行された本を手にしたときには、中身の面白さ以前に、年月を重ねてきた本が今自分の手元にあるという状況に、「物」としての側面の魅力を感じてしまいます。時間を重ねるという点では、本も建築と同じ「物」としての力があるように思います。

今回の古本市の賑わいを目にして、古本を売る、買う、流通するというのは一つの文化なのだなと思いました。

下の写真は今回購入した本です。

?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です