住み続けるということ

f:id:yuiarch:20080311094047j:imagef:id:yuiarch:20080311092752j:image

竣工2年半が経つお宅にお邪魔しました。
アプローチの落葉樹は小さく芽吹き、今回もその足下には体裁よく緑が植えられていました。家の至る所に細やかに目をかけながら、住みこなしていらっしゃる建主さんのお話を聞いていると、さらにこれから何十年と慈しまれる為には、長い年月と共に増す味わいや、手間ひまをかけるに値する強さというものが大切だと改めて感じました。
銀色に美しくなっていたデッキの板塀が特に印象的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です