自治会館 耐震補強・改修・増築工事 鉄骨建方完了

自治会館今日の現場。

l1050912

増築部分の鉄骨の建方が終わったので、その確認です。来週には、床の土間コンクリート打設予定。
ホール部分は色々な用途に使えるように広い空間が必要なので、柱間を大きく取れる鉄骨造にしています。

l1050911

完成すると、ホール部分が1.5倍くらい広くなります。
ホール以外の部分は、木造で増築します。

既存建物の耐震補強工事は、耐震診断の結果ほとんど必要無かったのですが、鉄骨の溶接技術が30年前と現在では違うということで、一部鉄骨の溶接部分を補強しました。
その他の既存鉄骨は、防錆塗装の再塗装のみです。
今回の耐震診断をして頂いた方によると、大抵の建物は耐震診断をすると、ほぼ100%の確率でかなり補強が必要という診断がでるそうです。
今回ほとんど補強工事が必要なかったのは、30年前の設計(手前味噌ですみません)と施工、そして自治会の皆さんのメンテナンスのそれぞれがうまくいった結果ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です