Fマンション現場状況

Fマンションの基礎打設の様子です。
コンクリートは練り混ぜてから徐々に品質が変わっていき、品質確保のため練り混ぜてから打ち終わるまでの時間が外気温により決められています。品質や調合配分に加えて工場からの運搬距離も重要な施工計画のひとつです。
ミキサー車で次から次へと生コンクリートが運搬され、1日で基礎部分を一気に打設します。
打設したすぐそばから振動機を挿入して締め固めをし、その後に木ゴテで荒仕上げをしていく人、表面仕上げをしていく人、鉄筋を磨いている人と、コンクリート打設の日はたくさんの職人さんが現場に入ります。

1階床スラブの打設も終わり、先日、1階壁・梁の配筋検査を終えました。
次は1階壁の型枠を組み立てていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です