カテゴリー: 都筑の家

都筑の家 -キッチン-

tuduki-y05

キッチンカウンターは、システムキッチンと製作家具とを組み合わせいます。居間・食堂から見ると製作家具しか見えません。
キッチン換気扇は、カウンターの下に空気引っ張って外に排気するタイプなので、カウンター上部にレンジフードがありません。キッチンの上がすっきりします。

p1050525

キッチンの食器棚と、冷蔵庫置場、エアコン、集中スイッチ、廊下の収納、間接照明を一体化した製作家具。食器棚にある格子部分の中にエアコンが組込まれています。
食器棚の吊戸棚部分が、少し低いように思われるかもしれませんが、この高さが使い易さのポイントなんです。食器などを片づけるのに使いやすい高さの範囲がありますが、その高さ範囲と電子レンジ等を置くカウンターの高さ範囲の取り合いで最終的にこの高さになっているんです。


都筑の家 -玄関・居間-

tuduki-y03

共有の玄関。
下足入れはベンチにもなり、靴を履くときに座ったり荷物を置いたり出来ます。下足入は、最低限の靴が入る程度とし、大部分の靴は玄関脇のシューズクローゼットに収納することにしました。
写真右奥に見える引戸を開けると親世帯、階段を上がると子世帯です。

p1050516

階段を上ってくると、正面に大開口の窓があります。隣地の庭園がこの家の庭のようで、ねらい通りです(笑)。2階は水まわりと寝室以外の天井を結設計オリジナルでおなじみの小幅板吸音天井にしました。天井につづく外部の軒天も同じ小幅板天井です。

tuduki-y04

p1050511

小幅板天井は、南側も北側も欄間のガラスを突き抜けて外までのびています。
北側の部屋も大きい欄間からの柔らかい光で十分な明るさです。


都筑の家 竣工写真-外観-

tuduki-y01

都筑の家は、子世帯と親世帯の2世帯住宅です。
敷地は、南東と北西に隣家がありますが、南西側隣地が近所にあるお寺の庭園になっていて視界が開けています。法規上の条件が厳しく、自治体で決まっている建ぺい率・容積率から、総2階建てでも延べ床面積が51坪までしか建てられない。また一種高度の制限で、北側が大きく削られるという条件の敷地でした。

私たちの提案は、「敷地の道路側に駐車スペースを設け、南西側に隣地のお庭を借景とし居間を設け、建物は長方形のシンプルな平面。子世帯と親世帯は、1階と2階で分けて、それぞれにキッチン・洗面室・浴室といった水まわりを設置する。それぞれの生活が適度に感じられるように、玄関は共有。2階には、トンネル状の抜けを設け、居間の開放感を階段・廊下・北側の子供室まで繋ぐ。トンネル状の空間の両脇はプライバシーが確保出来るように壁で囲み、北側には水まわり、南側には寝室を配置する。」というものでした。

tuduki-y02

外観はシンプルなモノトーン+軒天の小幅板で構成。
建物の正面は、白い漆喰壁。側面は屋根と同じガルバリウム鋼板たてハゼ葺き。シンメトリックな外見と切妻屋根でシンプルな形ながら、無機質な漆喰の白さと板金の濃いグレーに、有機質な軒天の小幅板をあわせた印象的なファサードになっています。

tuduki-y10

南西側の隣地の庭園に向かっては、特に2階はほとんど全面開口部。
開放的なベランダ部分とは対照的に小幅板を横に張って目線をカットした部分は、2階用のデッキ。



横浜Y邸 点検と写真撮影

この週末の土曜日に、横浜Y邸の竣工後の点検と写真撮影に行ってきました。

p1050458-2

道路側の植栽が、白い漆喰壁に映えます。もう少し時間が経って灌木が茂ってくるともっといい感じになりそうです。
白い壁と軒裏の米松の小幅板の組み合わせもいい感じです。途中で、2階の天井と軒裏が小幅板になったのですが、正解でしたね。

p1050508

子世帯の居間(2階)の南面は、ほぼ全部ガラスです。
敷地の南側が公園と駐車場で、近くに建物があまり無いのがこの家にとってポイントでした。視線があまり気にならないですからね。
この開放感!

撮影した写真が出来上がったら、このブログでも紹介しますので、お楽しみに。


引き渡し前

l1060215

写真は階段室から2階の居間とデッキを見たところ。居間の大きい開口部には、LOW-Eの複層ガラスが入っています。
壁の左官も綺麗に仕上がりました。


外壁工事完了

l1050957

外回りは、デッキ・バルコニー等が残っていますが、外壁の板金工事と左官工事は完了。道路側の漆喰の白い壁が綺麗に仕上がりました。足場が外れて全体が見えるのが楽しみです。

l1050954

漆喰壁の白は、なかなか他の方法だと出せない色と質感だと思います。実際に目で見ると、なんとなく上品な感じがする色と質感なんですよね。写真ではなかなか伝わらないのが残念です。

l1050951

板金の壁も工事完了。軒樋は、隠し樋になっていて、外からは見えません。樋が見えないので、スッキリと収まっています。


横浜Y邸 今日の現場

l1050778

天井の小幅板張りが終わり、壁の石膏ボード張りもほぼ終わりました。

今日は、左官屋さんと打合せ。
制作中の固定家具が、今週中に入るので、来週内部の左官が入る予定。
外部は、板金作業が樋先も完了し、漆喰壁の下地モルタル塗りが完了。漆喰壁の中塗り(砂漆喰)はこれから。

だんだん竣工に近づいてきました。


屋根工事完了

l1050394

横浜Y邸は、縦ハゼ葺きの屋根と外壁を施工中です。
屋根の工事では、職人さんが3人一組で作業して結構なスピードで葺いていきます。

l1050559

トップライトの廻りも綺麗に納まり、屋根工事完了です。
次は、外壁の板金工事が始まります。


屋根下地施工完了

l1050254-2

横浜Y邸、昨日の現場の様子です。
2階の居間の南側妻面を見ているところ。抜けているところは、ほぼ全て窓になる予定。

l1050252-2

外壁は、構造面材張りがほぼ完了。

l1050259-2

屋根は、防水のゴムアスルーフィング張りまで完了。重ね寸法とタッカー止め状況を確認。
ゴムアスルーフィングは、アスファルトルーフィングに、合成ゴムなどの改質剤を加えて、加工性や耐熱性・耐久性を向上させたもので、釘穴のシール性に優れています。
野地板の下に通気層を確保済で、屋根頂部には通気層の空気を抜く為に換気棟を設ける予定。
(少し暗かったので手ぶれしてます。すみません。)