カテゴリー: 現場

伊豆高原の家 竣工引渡し

 
先日伊豆高原の家が無事竣工し、引渡しになりました。
建主様から「建物は予想を上回る出来で、感激しています。」とのお言葉を頂き、大変ありがたく思い、ほっとしています。
この後、外構工事があり、植栽もこれからですので、まだまだ楽しみが続きます。

上の写真は、ダイニングからリビングを見たところ。
リビングの天井は、屋根を持ち上げて高い天井になっています。
水まわりと寝室以外の天井を結設計オリジナルでおなじみの小幅板吸音天井にしました。
 
ダイニングは、コーナー窓で開放感があります。
コーナー窓には、障子があります。


障子の閉め方で、景色のいろいろな切り取り方が楽しめます。


コーナー窓の障子を全て閉めたところ。
障子を閉めたところもなかなかいい雰囲気です。
家具が入った時点でまた、写真撮らせていただこうと思いますのでお楽しみに。


ラグビーW杯 釜石の施設完成

結設計で設計・監理を担当した、釜石市のラグビーW杯用の木造施設が完成しました。
釜石鵜住居復興スタジアムの「やぐら」と呼んでいる鉄骨フレームの中に8棟の木造の部屋を作りました。ラグビーワールドカップの大会用の運営本部やインタビュールーム、放送記録室等です。

釜石市は、山林が多く林業が盛んです。その釜石の杉を使って木造施設を作りました。
木をふんだんに使ったので、W杯だけではもったいないですね。大会の後もいろいろなことにつかえる、夢がある建物になったと思います。


幕状の白い屋根を支えている鉄骨フレーム「やぐら」の中に木造の建物を建てました。


そのうちの1棟、TGPラウンジと呼んでいる施設です。


内部の様子(ピッチ側を見たところ)


ピッチの反対側 ガラス越しに、やぐらの木製ルーバーが見えます。


大きいガラス窓がある明るい空間です。


奥にミニキッチンやトイレがあります。


工事中消えゆく美しさ

写真は仕上げが葺かれる前の、杉の野地板(屋根下地)で覆われた段階の屋根です。この上に、手前に少し見えている丸い筒状の、中央の開口部の端の一部に敷かれた、グレーのルーフィングという防水紙が全面に貼られます。そうすると杉の野地板は見えなくなります。さらにそのルーフィングの上に鋼板が葺かれ、この杉板が日の目に曝されることは屋根の葺き替えか、解体工事の時でしかないかと思われます。最近は葺き替えも既存の屋根材の上に新しい屋根を被せるだけ場合もあり、今日以外この材の美しさは全く日の目を見ない可能性があります。

最近の野地板は杉板ではなく、合板であることが多いのですが、ここでは杉の野地板が敷かれています。野地板が合板の場合、合板の強度の実験データがあるため、屋根の剛性を計算する際、その強さを数値的に証明することができます。杉板の場合、材料によってバラツキがあるため、数値がで三者機関に保証されていないので、その強度は認めてもらえません。この家の場合、この野地板の下に、夏の日射熱を逃がすための通気層があり、その下に断熱材が敷かれ、その下に屋根の剛性を確保するための合板が垂木という骨組み材の上に貼られています。

屋根の防水紙のすぐ下が杉板の場合と合板の場合の違いは、30年後に性能の差が出て来ます。屋根の仕上げ材の下は、日射で温められた空気が夕方の冷たい風等で冷やされ、結露することがあります。その結露水が屋根葺き材を止めている釘等を伝わってほんの少しではありますが、防水紙を通過し野地板に染み込みます。合板の場合、接着剤で材が一体化していますが、その水分で接着力が弱められ、30年ほどでふにゃふにゃになってしまいます。杉板の場合、50年経っても、色合いは多少変わっても材の性能は殆ど変化しません。昔の強度保ったままです。

この連続する垂木と天井下地の野縁材も天井の仕上げ材が貼られて隠れてしまいます。軒の出が1.5m程出ていますが、通常の垂木の跳ね出しだけで支える場合、垂木の背は150~180㎜程必要になりますが、ここでは垂木と天井野縁が壁の中の間柱とで三角形を構成して支えているので105㎜ですんでいます。屋根の上に乗って跳ねてみましたがびくともしません。この頑張って家の強度を支えてくれている、連続する三角形の骨組みの美しさも、天井材が貼られて隠れてしまいます。この時にしか見られない美しさです。


伊豆高原の家 建築始まる

公園のピクニックの風景写真ではありません。基礎工事前の現場写真です。先日、敷地が岩だらけなのでどう処置するか、建て主、建築施工者、設計者、それと造園設計者、皆で協議しようと、現場に集まり、その後の昼食のおにぎりを食べているところです。建築屋さんがかなりの土量を入れてなだらかにしておいてくれてあり、地鎮祭の時の下の写真とは一変していました。

頭上は下ような枝が張ってあり、この下に平屋建ての家が建つ予定です。これだけの大木の下に建てるのは始めてで、楽しみです。


三鷹H邸 プチ見学会のお知らせ

来る2018年10月27日(土)に建主様のご厚意により、三鷹のH邸をご案内する機会を頂きましたのでお知らせします。

建物は、外壁を通気工法の外断熱とし、屋根は外断熱の上に通気層を設け、夏場の壁・屋根内の熱を逃がすようにしています。また、基礎蓄熱式暖冷房を入れており、家全体がほぼ同じ室温になるので、ヒートショックになりにくい家になっています。

なお、見学は予約制でご案内する人数は数組のみとさせていただきます。 ご興味のある方は、お問い合わせフォーム、またはメールにて、お名前・ご住所・ご連絡先・参加人数をご記入の上お申し込みください。
お申し込みをしていただいた方には追って詳細をご連絡致します。

■住所 :東京都三鷹市大沢
■日時 :2018年10月27日(土) 午後(13:30~16:00)
■最寄駅:JR中央線 三鷹駅からバス17分+徒歩6分
        京王線 調布駅からバス12分+徒歩4分
■申し込み先
 お問い合わせフォーム
 e-mail: office@yui-sekkei.co.jp


キッチンと、食堂の小幅板天井とコーナー窓


キッチンは、製作したオリジナルキッチンです。オープンキッチンで、天板はステンレスのバフ仕上です。 最近フルオープンキッチンのご要望が多くなってきました。


BOSCHの食洗機が入りました。


三鷹H邸 木工事


三鷹H邸、木工事が進んでいます。大工工事はもう少し。
小幅板天井も張り終わりました。天井の小幅板は、大工さんが一本一本張っています。


デッキの腰壁の小校張りも完了しました。


等々力W邸 配筋検査

先日、配筋検査をしました。

基礎は、3間×4.6間の大きさです。
配筋検査は、鉄筋径、ピッチ、かぶり厚さ、継ぎ手長さなどなど、特に問題なし。
コンクリート打設前に、蓄熱暖房の作業もあるので、スペーサーが断熱材に埋まらないように処置を指示をして終わりました。

同じ日に瑕疵担保保険の検査も行われ、そちらも特に問題なしでした。
プレカットの打合せも終わったので、構造材の加工が始まります。


19年ワールドカップラグビー釜石スタジアム工事途中


19年ワールドカップラグビー釜石スタジアムの遠方からの写真です。
私共のお手伝いは、事務方の木質諸室とトイレ棟の設計・監理をさせて頂いています。

事務方のエントランスブリッジの入口に位置するトイレ棟の状況で、下がその外壁の外側の二つのエントランスを繋ぐ廊下です。

木質諸室は、下の鉄骨のフレームの中にこれから作られます。

スタジアムの観客席で、座面も釜石産の木で出来ています。
釜石地方森林組合の方々が、釜石の木を使おうと、関係者に働きかけて、このような木質棟などの使用が実現できています。バークレー校の人材育成事業として林業用人材スクールを開講したり、火災で焼失した森林の再生や燃え残りの木々で、グッツを作って応援者に配ったりと、彼らは今、日本で一番頑張っているのではないかと思われます。


西伊豆の平屋建て

西伊豆の土肥に、平屋建ての家ができました。

ブログも、去年暮れからこれまで忙しく、更新されていませんでした。途中経過の掲載もサボっていたわけではなく、なぜか他の実務に振り回されて、引き渡しの今になってしまいました。植栽も家具も未だですが、ちゃんとした写真での事例紹介の前に少しだけ紹介します。

土肥には、30年ほど前に設計した家があり、それはカーグラフィックという雑誌の編集者が表紙用の風景を探していて、それに取り上げられた家で、3年ほど前にリフォームをし、建て主さんがそれを見てこのような間取りがいいということで決まった家です。西風の強く吹く地域で、玄関は煽られないように、既製の引き戸でということでしたので、そのまま使っては味気ないので、わずかに周囲に木の縁を付けることで、手作り感を出しました。

敷地は自分の家の敷地と隣の100年前に建てられた家を購入した敷地と合算したので、平屋建てにしても十分全室南向きにできました。ただし、接道する北側の道路レベルと南の庭側の敷地レベルに1m程差があり、南側バルコニーには木製手すりを付け、4段ほど降りて庭にでます。内部の壁は紙クロスですが、壁面の角をそれなりの下地処理をすることで

左官壁のように見せています。居間食堂は恒例の小幅板天井ですが、

ロールブラインドもその中に納める仕掛けは健在です。

建て主さんは生け花とお茶を長年やってきたので、網代天井の床の間には、床柱や落とし掛け、掛け軸用の無双四分一だけでなく、花蛭釘、中釘、花釘も付いています。畳床には炉も切ってあります。

早く引っ越されて、生け花を活けた空間で、お茶をたてていただくのが楽しみです。


新しい年になりました。今年もよろしくお願いします。

写真は拡大すると端の山の上の雲間にかすかに富士山が小さく見えます。めでたさも遠さも見えにくさも、今年の当事務所としてはこの程度かなと思います。

昨年までの数年は、東日本の被災地で開発提案した(FSU)工法の手前、定着するまではということで、個々の住宅や事務所等の復興のお手伝いの出稼ぎ(出張)が多くありました。それで忘れられたのか見放されたのか、関東方面の本来の在来工法の仕事が少なくなってきていました。それもいよいよ昨年暮れ、そのFSU工法で作るということになった、19年ラクビーワールドカップ釜石スタジアムのドーピング室等の木造諸室の設計がほぼ終わり、今年半ばに工事が完成すれば、お払い箱となるかと思われます。

これまで新しい工法に力を注いできて、いくつかわかってきたことがあります。職業柄、被災地で何らかの役に立ちたいという意識から始まりましたが、過酷な状況と地域特性からくる要請に答えようとしているうちに、設計者としての中途半端な我は見直し、建築を作るということの意味を改めて考えさせられました。例えば、当たり前のことながら建物そのものがすぐにも欲しい方には、いたずらに時間や費用をかける設計やデザインは、殆ど重きをなさず、工事を早く安くしてあげることの方が大事な場合が多いということです。それと林業や流通事情が建築工事の仕方や価格だけでなく、設計デザインにも大きく影響を与えうる可能性を秘めている、というようなことです。それゆえ設計者が関わるからには、それなりの意味と価値のあるものが何かも、わかってきました。

葉っぱの裏にも表にもめしべのような芽があるのが分かります?

さらにこの工法は、今後の木造建築の職人不足や工事費の高騰にいずれ対応する有効な手法になりうるということもみえてきました。

被災地での(建築)事情は人口減少を含め、日本の数年先を具現化しています。今、関東でのリフォームは人口減少で生じた空き家のせいか、リフォームブームになっていて、解体してみないと中がわからないからと、見積もりを高く出しても通る、美味しい仕事に思われ、各産業から多くのリフォーム屋さんが参入してきています。職人不足とオリンピックということで、工事費はうなぎ上りに高騰し始めています。新築よりも高いのでは、という話をよく聞きます。当然新築にもその余波は来て、今後オリンピックや消費税アップで職人不足がさらに進み、工事費のコストコントロールは益々難しくなりそうです。

その時、岩手で試みて色々わかった中で、新しい工法は現場職人をあまり必要とせず、殆どを工場で加工して持ち込んで作る木造建築の手法の核になりうる可能性を秘めています。現場での職人の数が少なくて済み、2日ほどで建込、屋根下地までいき、屋根を葺き、サッシ等を取り付け、設備を備えれば、それだけでも住めなくもない木造スケルトン(躯体)ができあがります。自分で仕上げたい(DIY)方や店舗あるいは別荘等にはうってつけです。またそれなりのレベルの住宅を望む方には、その後じっくり丁寧に仕上げて引き渡すこともできます。

岩手県では、施工を一緒にやっていただいていた工務店さんは、もう自分らだけで設計施工ができるようになり、依頼も多く、待っていただいている状況です。躯体建て込みだけの依頼もあり、その方が収益も高いとのことです。

関東では殆ど知られておらず、リフォーム等、他に収益のある依頼があるため、新たな工法はやりたがらず、この工法で見積もりをお願いしても、通常と同じようなものしか出してもらえません。それでしばらくは、店舗や別荘等で、岩手県と同じように多少遠方でも、忙しくない工務店さんを説得し、この工法で施工できるところを増やし、市中で高止まりしている工事費に、見直しを迫る手段にできないかと考えています。