カテゴリー: 現場

広い二階デッキスペースのある家の周辺

今工事監理で名古屋通いをしています。その現場近くにある名門のスケートリンクです。正面に掲げている写真やコーチらしき後姿をみればどこかお分かりですよね。入場するだけで300円徴収されました。近くには大須観音があります。

直ぐ上の写真はまっ平に見えますが、スケートリンクではありません。手摺壁とデッキを敷設する前の防水工事終了後の現場写真です。見えている大開口には敷地境界から5メートル以内ですので、ワイヤー入りガラスににしないといけないところですが、デッキスペースの右に見える手すりを壁を軒迄立ち上げ、防火壁にして、開口までの類焼距離を5メートル以上確保することで、ワイヤー入りガラスを免れるようにしました。


釜石鵜住居ラグビー復興スタジアムの持つ意味1

木質諸室が鉄骨やぐらに装着される前の木製ルーバーのみのやぐらの写真

写真は釜石鵜住居復興ラクビースタジアムの木造諸室が鉄骨のやぐらの中に建築される前のものです。仮設の観覧席もまだできていません。上の写真の手前のエントランスの公衆トイレ棟は私たちの設計です。このスタジアム建設の前に、これまで三陸沿岸の宮古や山田町、大槌町の応急仮設住宅や集会場、KDDIの災害支援の一環のバス停の待合室やベンチの建築、数件の個人の再建住宅、森林組合事務所等々、復興のお手伝いをさせていただく機会をいただきました。

再建された個人住宅
釜石の町中のバス停の待合所

これらの建築に関わっていた時被災の跡がどんどん変わっていく途中で、ある意味何もないところに何かあるところにしていく作業でした。それがどこに行くのか分らず通っていたような気がします。まさに復興途中でした。


信州大学山岳会館 建方工事動画

先日完成した「信州大学山岳会館」を建築している動画です。
山岳部のOBの方が作成してくださりました。
FSU工法の建て方の様子が良く分かります。


三ツ沢の家 竣工引渡し

横浜市で工事していた三ツ沢の家が先日無事竣工し、引渡しになりました。
この後、中庭などの植栽工事がありますので、まだまだ楽しみが続きます。

上の写真は、リビングから中庭を見たところです。
この住宅は、ロの字型の平面をした平屋建て。
キッチンから、リビング・ダイニング、玄関まで、天井は結設計オリジナルでおなじみの小幅板吸音天井にしました。角の合わせ目部分は、特に大工さんの腕の見せ所で、きれいに仕上がりました。小幅板は、大工さんが一枚一枚張っていきました。

中庭にビニルシートが見えますが、これから中庭の植栽工事があるので、泥除けのためにまだ貼ってあります。植栽工事完了時に外すことにしています。

正面には、奥様こだわりの大谷石を壁に貼っています。大谷石を四角く切り取った窓からは植栽が見えています。大谷石と木の緑が良い感じです。

リビングから和室
正面右側の壁にTVを掛けます。そのためコンセントを壁の真ん中に設置しています。このコンセントはTVで隠れます。
壁は、珪藻土クロスで角を丸くしているので、塗り壁のように見えます。

和室の壁と天井は、和紙を貼っています。

和室の照明は、いつもはペンダントライトかシーリングライトを使っていますが、今回はダウンライトと間接照明の組み合わせとしました。落ち着いた雰囲気になっています。

キッチン
奥に見えるのは浴室で、キッチン ⇔ パントリー ⇔ 洗面室 ⇔ 浴室とつながっていて、家事動線になっています。
家族の生活動線とは別になっているので、動線の交差が緩和されて動きやすくなり、水回りが使いやすくなっています。

食器棚カウンターは、そのままダイニングへ伸ばして、本を読んだり勉強したりする机としています。

キッチン前からリビングダイニング
キッチンの後ろの食器棚の一部がガラリになっていますが、その中にエアコンが入っています。

家具が入って植栽工事が完成した時点で、竣工写真を撮らせていただこうと思いますのでお楽しみに。


信州花フェスタ2019

信州大学の山岳部OB山岳学士会が寄贈する部室(山岳会館)の建込みに立ち会った帰り、松本市で開催された信州花フェスタ2019に立ち寄ってきました。解体移築が容易な建築が展示してあるということで、見てきました。

外観を見た限り解体容易には見えませんでした。

内観を見てもどこが容易にした工夫なのか自分にはよく分りませんでした。でも今はやりの屋上緑化がされてありました。

関係者に解体を容易にする工夫をどこにしてあるのか、聞いてみても、正直よく分らず、どうやら想像するに、解体後、移築して使ってくれる先を決めてあるとことで、開催者が展示後の後始末に余計な手間と費用がかからないということのようで、確かにそれはそれで主催者には解体容易な建物となります。

せっかく来たついでに松本ドームの展示を見に行きました。そこから次回のブログに掲載する球体変遷に続くものを見ることになるとは夢にも思いませんでした。


信州大学山岳会館(部室)建築

去年から信州大学の山岳部の部室(13.5坪)の更新(建替え)のお手伝いをしています。ようやく建込みの段階に入ったのでブログに上げられます。これまでの部室は約半世紀前に当事学生であった卒業生が自力で建てたもので、老朽化がひどく、見るに見かねた卒業生が、建て替えてあげようということで検討してきたようです。最初費用削減のためプレファブでとなったそうですが、決して安くなく、山岳部の部室が軽量鉄骨?となり、山岳部の卒業生の自分の高校時代の友人が、応急仮設住宅を思い出してくれて、FSU工法を打診してきました。

色々なことを経て、私たちの工法で建てることが決まり、山岳部OB会である山岳学会の、ヒマラヤ遠征の予定等、すごいことを話している会議の最中に説明させて頂きました。信大の山岳学会は日本のトップクラスの登山家たちの集まりなんだと知りました。その会議の中で、当初杉材で予定しましたが、信州大学の卒業生が関わった演習林の唐松で建てようということになりました。

基礎配筋です。

建込みが始まり、柱が建てられました。

柱間に壁パネルが建てられ壁ができていきます。建てた壁パネルの上には横架材(梁)が載せられます。

周囲の外壁が一通りでき、妻側の壁の建込みが始まりました。

屋根が載せられた内部の空間です。

屋根も乗った南側外観の写真です。ここまで通常1日ですが、初めての工法ということで慎重にやられたせいか、二日かかりました。この建て方は県内でも初めてということで、学生さんや建築や林業木材関係者に案内を出して、工法の説明会をさせて頂きました。

その説明会で配布した資料がこちらになります。

≪信州大学山岳会館 ~fsu工法と可能性~≫(PDFデータ 6ページ)

 

 


別の美しさ

以前のブログ記事「工事中消えゆく美しさ」のその後です。


屋根の板金工事が終わり、以前のブログ記事の写真にあった屋根の下地が全て隠れました。
屋根は、カラーガルバリウム鋼板のたてハゼ葺です。


この姿を見れるのも足場がある間しか見られない美しさです。


以前の杉の野地板があらわになっている時の写真です。


伊豆高原の家 竣工引渡し


先日伊豆高原の家が無事竣工し、引渡しになりました。
建主様から「建物は予想を上回る出来で、感激しています。」とのお言葉を頂き、大変ありがたく思い、ほっとしています。
この後、外構工事があり、植栽もこれからですので、まだまだ楽しみが続きます。

上の写真は、ダイニングからリビングを見たところ。
リビングの天井は、屋根を持ち上げて高い天井になっています。
水まわりと寝室以外の天井を結設計オリジナルでおなじみの小幅板吸音天井にしました。
 
ダイニングは、コーナー窓で開放感があります。
コーナー窓には、障子があります。


障子の閉め方で、景色のいろいろな切り取り方が楽しめます。


コーナー窓の障子を全て閉めたところ。
障子を閉めたところもなかなかいい雰囲気です。
家具が入った時点でまた、写真を撮らせていただこうと思いますのでお楽しみに。


ラグビーW杯 釜石の施設完成

結設計で設計・監理を担当した、釜石市のラグビーW杯用の木造施設が完成しました。
釜石鵜住居復興スタジアムの「やぐら」と呼んでいる鉄骨フレームの中に8棟の木造の部屋を作りました。ラグビーワールドカップの大会用の運営本部やインタビュールーム、放送記録室等です。

釜石市は、山林が多く林業が盛んです。その釜石の杉を使って木造施設を作りました。
木をふんだんに使ったので、W杯だけではもったいないですね。大会の後もいろいろなことにつかえる、夢がある建物になったと思います。


幕状の白い屋根を支えている鉄骨フレーム「やぐら」の中に木造の建物を建てました。


そのうちの1棟、TGPラウンジと呼んでいる施設です。


内部の様子(ピッチ側を見たところ)


ピッチの反対側 ガラス越しに、やぐらの木製ルーバーが見えます。


大きいガラス窓がある明るい空間です。


奥にミニキッチンやトイレがあります。


工事中消えゆく美しさ

写真は仕上げが葺かれる前の、杉の野地板(屋根下地)で覆われた段階の屋根です。この上に、手前に少し見えている丸い筒状の、中央の開口部の端の一部に敷かれた、グレーのルーフィングという防水紙が全面に貼られます。そうすると杉の野地板は見えなくなります。さらにそのルーフィングの上に鋼板が葺かれ、この杉板が日の目に曝されることは屋根の葺き替えか、解体工事の時でしかないかと思われます。最近は葺き替えも既存の屋根材の上に新しい屋根を被せるだけ場合もあり、今日以外この材の美しさは全く日の目を見ない可能性があります。

最近の野地板は杉板ではなく、合板であることが多いのですが、ここでは杉の野地板が敷かれています。野地板が合板の場合、合板の強度の実験データがあるため、屋根の剛性を計算する際、その強さを数値的に証明することができます。杉板の場合、材料によってバラツキがあるため、数値がで三者機関に保証されていないので、その強度は認めてもらえません。この家の場合、この野地板の下に、夏の日射熱を逃がすための通気層があり、その下に断熱材が敷かれ、その下に屋根の剛性を確保するための合板が垂木という骨組み材の上に貼られています。

屋根の防水紙のすぐ下が杉板の場合と合板の場合の違いは、30年後に性能の差が出て来ます。屋根の仕上げ材の下は、日射で温められた空気が夕方の冷たい風等で冷やされ、結露することがあります。その結露水が屋根葺き材を止めている釘等を伝わってほんの少しではありますが、防水紙を通過し野地板に染み込みます。合板の場合、接着剤で材が一体化していますが、その水分で接着力が弱められ、30年ほどでふにゃふにゃになってしまいます。杉板の場合、50年経っても、色合いは多少変わっても材の性能は殆ど変化しません。昔の強度保ったままです。

この連続する垂木と天井下地の野縁材も天井の仕上げ材が貼られて隠れてしまいます。軒の出が1.5m程出ていますが、通常の垂木の跳ね出しだけで支える場合、垂木の背は150~180㎜程必要になりますが、ここでは垂木と天井野縁が壁の中の間柱とで三角形を構成して支えているので105㎜ですんでいます。屋根の上に乗って跳ねてみましたがびくともしません。この頑張って家の強度を支えてくれている、連続する三角形の骨組みの美しさも、天井材が貼られて隠れてしまいます。この時にしか見られない美しさです。