カテゴリー: 防犯

防犯プロジェクト2006年末での報告

プロジェクトの具体的機器の開発は色々なところが興味を示してくれましたが結局今のところ有望な試行錯誤は3通りあり、何とかやって見ようという方向で動きだしました。

一つは3年ほど前から試みてきたもので、スーパーなどの防犯会社の方が戸建住宅の防犯に興味を示して半年に一度ぐらいに“こんなのはどう?”と自分たちが開発したものを携えて事務所にたずねて来ていた方のものです。これはパソコンも使わないでコントロール機器まで開発してやろうというものです。3年ほどかかり一度事務所でテストをしてみて、自分の携帯に映像が送られてきて携帯から操作をし、音声を発生させる実験までは何とかかろうじてできました。後はそれを確実なものにすればいいねというところまで来たのですが、それが半年前でその後音沙汰なしです。そのソフトを開発しているのが台湾のソフト会社でいつも次ができるまで半年から1年ぐらい時間が空き防犯の機器開発としてはあまりに心もとないところなのです。

 二つ目は前回の機器を紹介してくれた方でその方が関係するところに開発提案をしてみようかなといっているところです。

三つ目は各家にパソコンがあるという前提で各家のパソコンに操作ソフトを入れて各機器をつなぎ作動させようというもので、新たにアドレスを取る必要のないものを目指しています。

これらの試行錯誤がそれなりの結果を出せるまで少し時間がかかりそうなのである程度提示できるようになるまで、または報告できる新たな展開が生じるまで少しこの防犯ブログを休載することにいたします。新たないいお知らせができることを祈って今年の防犯ブログは締めくくりたいとおもいます。新年からは少し違った趣向の話題でいこうと思います。皆様いいお年を。藤原


欲しい具体的機器類と試みた機器

前回のブログを読んでいくつか情報を寄せていただきありがとうございました。

その中から一つ赤外線で感知して携帯にメールで写真を送ってくれる機器の情報をご紹介します。

http://panasonic.biz/netsys/netwkcam/lineup/hcm371.html

ここのカメラは約3万円程です。実際取り付けて試してみたらそこそこ使えるとのことでした。連絡を受け画像確認だけに活用し、音声発生は別に考えて電話等を活用して防犯とするにはいいかもしれません。ちょっと研究してみたいと思います。(藤原)


警報と処置の種類

前にも少し述べ、多少繰り返しになりますが警報の処置は日中の不在時と在宅時、それと夜間とで多少違います。

不審者の映像が送られてきたら、見かけない近所の人だといけないので念のため最初は『どちらさまですか、ただいま応対できませんのでお引取り下さい。』などと言わせます。その後に送られてきた映像に未だその不審者が写っていたら次に『出て行かないのなら近所の人を呼びます』などと言わせます。

その後の映像に未だ不審者が写っていたら『泥棒です。近所の皆さん泥棒ですよ。警察を呼んでください』と不審者が立ち去るまで大声で言わせかつ警報ブザー鳴らし続けます。その後不審者が立ち去らないようなら近所の方や警察に電話をするなりの対処をします。立ち去った場合でも近所の方や警察には知らせ、その後も注意を払うようにします。

在宅時には決めたエリアだけを警戒状態にするようにしますが、そこのセンサーがキャッチしたらまず自動で家の中のブザーを鳴らします。その後すぐそこに駆けつけるのは危険なので携帯電話と家の中のパソコンに送られてきた映像で確認します。その映像を見て見知らぬ人なら同じ音声を流し二階窓などから観察します。不審者が立ち去らないようならインターホンや二階窓から直接声をかけるなどして威嚇します。在宅を承知で立ち去らないようなら即警察に電話をし、外のブザーを大きく鳴らします。

夜間の場合はカメラに映像が写るように最初にライトがつくようにします。後は日中の場合と同じです。藤原


敷地周囲と建物開口部外回り防犯処置

通常今日の住宅には殆どの開口部に不法侵入を防ぐ何らかの建築的処置を施しています。

敷地周囲には土地の境界を示すフェンス又は塀もしくは生垣等を設けます。これらは意図的な侵入者に対して侵入防止としての実質的効果はなくむしろ住人の意思表示の意味合いが強いかと思います。しかし侵入しにくい高い塀は近隣に異様な印象を与えしかも一度中に入ってしまうと近隣の監視の目が届かなくなってしまう欠点を持ちます。

 玄関ドアには二重ロック、1階の大きな窓にはシャッターか雨戸、小窓には格子を施し、窓外に処置しにくい箇所はガラスを防犯合わせガラスか防犯フィルム貼りの処置を施します。

これらの処置には防犯だけでなく、内部外部からの見映え、開き方、ブラインド、夏の夜の通風、網戸とりはずし、窓掃除での障害、費用、足掛かりの存在等すべての事項にたいしてどう考えるのかを考慮しつつ最適の処置を決めます。(藤原)


建物周辺の防犯エリア設計の考え方

相変わらず色気も面白みもない文章で申し訳ありませんが、一段落がつくまでしばらくはご容赦ください。

このプロジェクトの防犯方法の前線は建物外周と境界線までの間です。その間に入ってきた不審者を確実に感知することです。 ところがそこには客もくれば宅配便の人やメーター検針の人も来ます。だんなが午前様で帰る事もあります。うっかり住人が掃きだし窓から庭に出ることもあります。猫や犬、鳥の場合もあります。これらの人と不審者とを区別できないといけません。

不審者を確実に感知するためには、外部の人間が入っていいところとそうでない所を明確にエリア分けをし、その境には普通なら出入りしそうにない柵や植え込みなどを施し間違っても他人が足を踏み入れないようにします。

その上で他人が出入りするエリアの窓やドア等の開口部には完璧なまでに格子、錠、シャッター等で侵入しにくい構造で建築的に防御を施します。他人が入らないはずのエリアの開口部周辺は感知機とカメラで完璧に捕捉します。そのエリア分けを考える際配慮すべき要素を次に列挙してみます。

1.門扉及び来客者がドアホンを押す位置。2、郵便受け、新聞受けの位置。3、電気、ガス、及び水道メーターの検針者の立ち入る範囲。4、自転車置き場、車庫又は駐車場の位置と住まいの出入り口までの通路。5、勝手口と道路までの通路。6、お隣とのショートカットの連絡通路、7、周囲のフェンスや塀の形状、8、門から玄関までの通路。9、掃き出し窓の位置。10、物干し場。

上記の要素を検討の上監視区域はどこからどこまでにするか決定します。鳥や猫などの誤作動は感知機を引っかかりにくい位置に設置することで防ぎます。

さらに全員出かけて留守にするとき、真夜中、女性や子供だけで無用心な時等の三種類ぐらいの状況を設定し、感知した時の反応をその状況によって変えることで対応します。(藤原)

TB:http://blog.sakura.ne.jp/tb/1727638


このシステムと不審者感知のポイント

この防犯システムのポイントは先にも述べたとおり、建物に入る前に退散していただくということです。窓ガラスや玄関ドアなどを壊す前につまり家屋に傷つける前に退散願うことが第一です。次に不審者の映像記録を残すこと、その次にそのことによってその地区に不審者が入りにくくすることです。その上で不審者の逮捕につながれば完璧です。

これまでの防犯システムは警備会社と同様ガラスを破るか、サッシやドアをこじ開けられて初めて作動するものが殆どです。被害を発生させて始めて作動します。このようなシステムは防犯を個人の問題、その家の問題と位置付けて考えた対処方法です。これでは壊された方はその修理をしなければならず何より入られたという事実が気味悪い気分にさせてしまいます。

建物に手をかけ壊す前に感知し、作動させなければ意味がなく、そこがこの防犯システムの難しいところであり最大の特徴でもあるのです。病気で言えば治療ではなく予防なのです。それと防犯を個人の問題に帰着させず地域で対処すべきものと考えているところも他のシステムとの違いです。防犯をお互い意識し合うことでその地域に緩やかなコミュニテイーが形成される可能性があり、行政に提案したいと考える所以です。(藤原)


画像が送られてきたら 

携帯電話やパソコンに不審者が写っている画像が送られてきたら。

カメラのそばに設置してあるスピーカーであらかじめ録音しておいた数種類の音声の中から『誰ですか』などという文言を携帯電話から選択して発生させる指令をします。二度目に送られてきた画像にまだ不審者が写っているようでしたらさらに『出て行かないなら人を呼びます』等のきつい文言を発生させます。それでもその後に送られてきた画像に出て行かない不審者が写っていたときは大きな音声の『泥棒』と言うような言葉を連続して発生させ近所に聞こえるように携帯電話から指示します。

携帯等で受信した者同士はお互い連絡を取り合い、時には警察にその画像を送るなどの行動を取ります。あるいは近所の方に電話して警戒を促すことや自冶会等に連絡して付近一帯に防犯警戒態勢を敷いてもらうこともできます。

最終的には打倒警備会社プロジェクトと銘打つからには自冶会だけでなく近くの警察や市町村の防犯行政と連携が取れるシステムにすべく機器メーカーに開発を、自冶体や国に採用を提案したいところです。(藤原)


地域での防犯機能

地域コミュニテイーの果たす防犯機能の本質は不審者を見出だし見張ることです。

コミュニテイーが成立しているところは不審者がすぐわかりますがそうでないところでは不審者かどうかが見定められないためやすやすと不審者の立ち入りを看過してしまいます。不審者であることがわかれば地域の人はお互い自分の所にも侵入されないようにと防衛本能を働かせ、協力して捕まえるなり追い払うなりしようとします。

 打倒警備会社プロジェクトの提唱する新しいコミュニテイーでは不審者の見定めをその家の当事者又は事前の相互監視約束していた親しい方(近隣、親戚、友人等)が行ないます。そしてその不審者を発見したら近隣に知らせ協力して警戒し追い払い、時には警察に通報し捕まえようとする、防犯を相互協力の核としたコミュニテイーをイメージしています。

 不審者の発見の方法については次回に。


最善の防犯装置は地域コミニティー

 隣近所が親しく常に挨拶を交し合っていた時代は、不審者がすぐわかり犯罪は殆ど起こりませんでした。最近はその近所の目がうっとうしくなりお互い見て見ぬふりし関心も持たず、挨拶すらしない方も増えています。地域によっては隣の人の顔すら知らないというところも少なくありません。そのため不審者かどうかすら判別できない地域も増えてきています。マンションなどはその典型かもしれません。しかもプライバシーを大事にする傾向が強くなり、往来や隣から庭や家の中を隠そうとする傾向にあります。そのため一度不審者が敷地内に入ってしまうと誰も気がつかない状態の構造の住宅街も増えています。最善の防犯装置の地域コミュニテイーが消失しつつある状況では犯罪は増えて仕方ないのかもしれません。

 今回の“打倒警備会社プロジェクト”の目的のひとつにこれまでのうっとうしい古い地域コミュニティーから防犯を支えあう新しい形の地域コミュニティーを作り出そうという意図もあります。その話は次回に。(藤原)


住宅警備会社がなぜ住宅に侵入する前に警備活動をしないのか?

普通は窓の中の障子の縁にマグネット等を付けていてそれが離れたときに異常を知らせる仕組みになっています。あるいは内部の壁等の人感センサー等でキャッチして知らせます。これらは内部にしかつけられません。外部に取り付けると雨や湿気あるいは猫、鳥、昆虫等で誤作動が起こるからです。警備会社も誤作動でいちいち呼びつけられてはたまらないので外部までは警備の対象にしたくないのです。

色々なメーカーのセンサー付きの警備用品の殆どが内部用です。外部用もありますが極めて高額で取り付け方も厳しく限定されます。

確かに外部も警備してくれる会社もあります。その場合店舗等を対象にしていて極めて高額の保障料となります。誤作動の呼び出しだけでなく取り付ける機器も高額だからです。

だから家の外は警備会社は警備したがらないのです。(藤原)