コンクリート打設

群馬県館林で進行中の現場で、今日コンクリートの打設がありました。

RC造の今回の住宅は、コンクリート部分の多くが打ち放しとなるため、打設の良し悪しが大切になってきます。現場は電気や設備工事の職人さんのヘルプも含め15人近くの職人さんたちで打設が行われました。コンクリートが固まる時間との勝負になる打設は緊張感が漂い、一体となる現場には心地よい高揚感があります。現場でそれだけの人数が一度に連携する工程というのは意外に少ないもので、打ち放しコンクリートの打設は現場の面白さを凝縮したような魅力があります。

今回は現場の監督さんの段取りが良く、最善は尽くされたので、あとは型枠を外したときの出来の良さを願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です