内装下地工事

少し時間が空いてしまいましたが、三鷹M邸の現場は竣工に向けて着々と進行中で、もう少し暖かくなった頃に引き渡しを迎えます。
現場は内外装の下地工事が進み、各部屋の機器・器具の取り付け位置などの詳細な位置も見える状況になってきました。

写真はトイレの壁です。トイレが居室に隣接するので壁は防音のためにボードを2重張りとし、壁内部にも防音効果を高めるために断熱材を充填します。

和室の天井は勾配天井と平天井の部分があり、平天井部分の仕上げは建て主さんの希望もあり葦ベニヤとしました。
葦ベニヤ天井が和室の雰囲気を更に引き揚げ、快適な空間となるのが今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です