和室・床の間・飾り棚・(ギャラリー)

日本人の多くの方は和室にいると、落ち着き馴染むと言われます。整然とした床の間に掛け軸でもあると何となく、丸まった背をしゃんとしたくなる方も多いかと思われます。数百年続いて洗練され、磨き上げられてきた和室は、日本人の体にしみ込んでいるからでしょうか。海外の方が真似して作った和室や床の間を見せていただくと、どことなく違和感を覚えるのもそのためと思います。しかし今日の家づくりでは、和室は不要ですと言われる方も少なくありません。長い年月、和室の中で過ごすうちに、無用の長物というかあまりいい印象を持てなかった方も少なくないようです。そこで和室を作るにしろ作らないにしろ、和室についての簡単な知識と、最近はこんな和室もできるということを知って頂くため、私どもの様々な事例を紹介してみようと思います。先ずは仏壇付きの真壁の和室から。

              真壁で楷書の和室と床の間(門前町の家)

木造建築では、構造体の柱をそのまま露にする見せる真壁構造と、柱を覆って見せない大壁構造とがあります。半世紀前の庶民の殆どの住宅は真壁構造でした。ここ半世紀で殆どが大壁構造になってきました。さらに和風住宅には大きく貴族社会の頃に発達した「寝殿造り」、武家社会で確立してきた「書院造り」、茶室から発生した「数寄屋造り」の三つのスタイルがあります。一般的和室は書院造を踏襲して構成されています。その辺りの一般的和室については、ネットに色々出ていますので、詳しく知りたいかたは、そちらで調べて頂くとして、ここでは省略します。

ただ、書道の文字に「楷書」「行書」「草書」の三段階の崩し文字があるように、和室の表情にも「真」(楷書)「行」「草」の崩し方があり、それに関連して私どもの和室の話をします。厳密な判断基準があるわけではありませんが、上の和室は真壁構造で長押も本格的なもので、真壁構造の「真」(楷書)の和室になります。

居間に続き床の間を共有する大壁構造の「行」に属する和室(北上尾の家)

次に、上の和室は大壁構造に付け柱と付鴨居で真壁風にしたもので、楷書ほど堅苦しくなく「行」になるかと思います。この和室は居間に連続する空間となっていて、居間との間の襖を空け放すと和室の床の間が、そのまま居間の空間に方向性と奥を感じさせる効果も狙っています。 設計事例の北上尾の家を参照ください。


上の和室は、柱も長押もない、しかも床の間も簡易床と幕板だけある草書の和室です。
この和室も「草書」に属します。廊下側の引き込み間仕切り障子越しに光が入る和室です。
居間から続く床板を畳とし、床(とこ)だけを設けた簡易な、洞床のある「草」の和室です。
大壁構造に付け鴨居の「行」の和室です。茶を点てる炉と床の間を有しています。(西伊豆の家)
船底天井を持つ真壁構造ながら変形の書院を持つ、「真」に近い「行」の和室(落葉荘)
和紙貼りの壁と天井仕上げと一部葦合板天井を持つ「草」の和室
RC造の壁厚内で構成した簡易吊り床のある「草」の和室
洞床のある「草」の和室(方円汎居)
同上の和室を廊下側から見た写真です。
廊下居間側の壁と同じ和紙貼りの襖を閉じた、見返り床のある「草」の和室(三ッ沢上町の家)
その廊下居間側の襖を開けると居間に連続し、中庭が見えます。(三ッ沢上町の家)
キッチン側で簡易食事もでき、居間の天井で覆って床を畳にした和洋風の和室(茶の間ある家)
引込障子で坪庭側を閉じた、和紙貼りの「草」の和室(清浄居)
その障子を引き込んで坪庭を見せたところ
一本引き引き込み建具と障子のある和室.

若い方も和室でなくてもいいから床仕上げを畳にと、要望される方も少なくありません。

和室ではなく、洋に類する部屋の床仕上げを畳にしたリビングダイニング(南善福寺の家)
小上がりの畳の間の地袋を食卓に繋げた和室とダイニング(引き込み襖で仕切ることができる)
居間から連続する小幅板の勾配天井をそのまま和室の天井とした事例
リビングダイニングの一角を小上がりの茶の間風にした事例(西八王子の家)
FSU工法の壁角材パネルに和紙を直貼りした畳の間、天井は葦べニアです。(那須町の家)

このように今日では様々な和室があり、畳の部屋という言い方が相応しい和室もあります。最後に最初の計画では納戸にするはずの部屋を、多様な使い方ができるように和室にという、設計変更で、急遽和室にしたお部屋を紹介します。

窓に引き込み障子を入れて、木造の柱厚内で構成した、煤竹で吊った奥行10㎝の簡易床の間を設けた「草」の和室です。畳のある空間も悪くないと思いませんか。